スペイン語文法ノート 「いつ」、「どこで」、「だれが」、「何を」、「どのように」といった、いわゆる 5W1H はコミュニケーションの基本。スペイン語では、強引に疑問詞の頭文字を取ると 5W1H ではなく、4C2Q1D といった暗号のようなものになり見るからに大変そう。要は慣れるしかありません。




スペイン語の感嘆詞


Última actualización: 14 de abril 2016


| さらでスペイン語トップ | はじめてのスペイン語 | スペイン語用語集 |  スペイン語文法ノート  | スペイン語表現ノート | スペイン語の歴史 |

さらでスペイン語トップ  はじめてのスペイン語  日本語で学ぶスペイン語単語  スペイン語文法ノート  スペイン語用語集  スペイン語の表現  スペイン語の歴史  前へ 

スペイン語の感嘆詞 (exclamativos)

驚きや感動を表す感嘆文は、単純に文章の前後に感嘆符 (¡!) をつけることでも表現できますが、英語の how wonderful it is! や what a nice person you are! などのように疑問詞を転用した感嘆代名詞 (pronombre exclamativo) を使います。




スペイン語の感嘆代名詞を使った感嘆文には、以下のようなものがあります。

感嘆代名詞 性変化 数変化 例文 備考
qué なし なし ¡Qué frío hace hoy!
(なんという寒さだ!)
¡Qué bonita es la vida!
(人生とはなんと美しいものか!)
¡Qué terribles son las guerras!
(戦争とはなんと恐ろしいものか!)
物や事柄の様子を表す最も一般的な用法。
cuánto あり あり ¡Cuánta hambre tengo!
(どんなに腹が減っているか!)
¡Cuántos libros tienes!
(どれだけ本を持っているんだ、君は!)
¡Cuánto me alegro de verle!
(あなたにお会いできてどんなにうれしいか!)
数量ともに使われ、程度の強さを感嘆する。
cómo なし なし ¡Cómo llueve hoy!
(今日はなんと雨の降ることか!)
¡Cómo han crecido tus niños!
(君の子供たちはなんと大きくなったことか!)
¡Cómo hemos comido!
(どんなに食べたか!)
動作などに対してその程度などを感嘆する。




その他、感嘆代名詞を使った決まり文句を使って表現することもできます。

¡Qué+名詞+tan (más)+形容詞...! ¡Qué bebé tan bonito!
(なんて可愛い赤ちゃん!)
¡Qué música tan linda!
(なんて美しい音楽だ!)
¡Qué libro más divertido!
(なんとおもしろい本なのか!)
¡Qué de+名詞...! ¡Qué de tonterías estás diciendo!
(なんと馬鹿なことを言っているのか!)
¡Qué de gente hay en la cola!
(なんと多くの人が列に並んでいることか!)
¡Qué de ruido hace el niño del vecino siguiente!
(隣の子供はなんとうるさいことか!)