戻る
Smartly Rondely
Since January 2006.   Last update January 11, 2016   Copyright (C) rondely.com. All rights reserved.


「クリエイティブ翻訳」――伝わるコミュニケーションのために



クリエイティブ翻訳ライティング

臭ってませんか、その翻訳

その翻訳臭ってませんか?

翻訳本などを読んでいて、「こんなの、日本語になっていない」と思われた経験はありませんか?何も感じない方もいらっしゃるかもしれませんが、文章にこだわりのある人にとっては、翻訳くさい文章は読むのもイヤになりますよね。ただ「縦文字」が「横文字」(あるいは「横文字が縦文字」)になっていればいいという時代はもう終わりました。そう、明治時代なら、「舶来志向」で翻訳調の文章がありがたがられたかもしれませんが、今や誰もが海外滞在や留学の経験を持つ時代。「読みにくい文章」は「インテリ風」なのではなく、単に翻訳文がまずいだけという意識も高まってきています。

つまり、これからは、翻訳にもこだわる時代です。だからこそ、本物志向のコミュニケーションを求めるなら、クリエイティブ翻訳ライティング。

翻訳なんか誰がやっても同じ?

もちろん、理想としてはそうあるべきかもしれませんが、そうはならないのが現状です。もし本気で「誰がやっても同じはず」と信じているとすれば、それはとんでもない迷信だと言わざるを得ません。その背景には、「英語がわかれば誰でも翻訳できる」、「日本語がしっかり書かれているから英語もきちんとした文章であがってくるはず」という大きな勘違いがあるからだと思われます。

厳密に言えば、その言語が理解できれば翻訳はできるかもしれませんが、読みやすい翻訳文は書けません。「翻訳」と「翻訳された文章」は別物です。たとえば、日本語を母国語とする日本人であっても、良い文章のかける人、何が言いたいかわからない文章を書く人がいるのと同じです。そのために、「文筆家」とか「ライター」と呼ばれる人たちがいるのです。つまり、読みやすい翻訳文を書くには、それなりの文章経験が必要であり、原文と同様の理解度や納得度、感動などを伝えるには、その言語を理解するだけでなく、文筆家である必要があります。なぜなら、日本語と英語(その他ヨーロッパ言語を含めて)は文法や文章構造の全く異なる言語だからです。つまり、「良い原文」イコール「良い翻訳文」とはならないわけです。

単なる翻訳では伝わりません。

広告はもちろん、パンフレット、チラシ、カタログなど、クリエイティブワークの文章を書くにはコピーライターが必要です。コピーライターとは、商品やサービスを訴求し、販売につながるための文章表現を専門とする職種です。なぜ、コピーライターに依頼するのか――それは、言うまでもなく、普通の文章では「この商品が欲しい!」、「このサービスを利用すればこんな良いことがあるかも!」というイメージをかきたててもらうことができないからです。

しかし、現状では、日本語のコピー(コピーライターが書いた文章)を翻訳するだけで済ませている場合が多いようです。コピーライターが苦心して書いた文章です。それを翻訳先言語でもしっかり活かすには、普通の翻訳文では伝わらないのは当然ですね。

「クリエイティブ翻訳」に興味のある方は、こちらのサイトへ→http://www.rondely.com/tuben/




英文飾りキャッチ

ちょっと待って、その英文




英文キャッチでデザインきらり

間違った英文が入っているとせっかくのデザインが台無しに…。

あなたのデザインにさりげなく入れたい横文字。でも、全然関係のない文字を入れても意味がありません。また、英語圏の人から、日本人のヘンな英語 (Engrish) などと笑われるのも面白くないですよね。英語的にもおかしくない、かつ、スマートな英文飾りキャッチを作成します。

詳しくはこちらのサイトへ→http://www.rondely.com/DecoCatch/index.htm




観光スポットのクリエイティブ翻訳

観光スポットのクリエイティブ翻訳

長い歴史の味わいは、味わいのあるライティングで。

味わいのあるライティングは、単なる翻訳を超えたものでなければなりません。そのとき、その人物はどう考え、どう行動したか、どう生きたのか どんな小さな土地にも歴史の舞台があります。

詳しくはこちらのサイトへ→http://www.rondely.com/Tourism/index.htm




戻る

Smiley rondely Friendly rondely