「通弁」クリエイティブ翻訳
Copyright (C) Tuben. All rights reserved. Any reproduction or use of the contents is prohibited. 当サイトの内容の無断複写・転用はお断りいたします。
英文の会社案内を作りたい

本気で伝えるために

まさに、「企業の顔」とも言える会社案内。人の顔がそれぞれ違うように、世界にたったひとつしかない会社の顔です。しかも、他社にはない独自の技術やユニークなサービスを提供する会社であればなおさらのこと、グローバルな舞台でスマートにアピールしたいものです。

たとえ優れた技術やサービスを持っていても、また、いかに体裁の良いデザインを使って表現していても、肝心の文章が「何が書いてあるのかよくわからない」、「翻訳調で読む気がおこらない」というのでは意味がありません。実際、たまたま見つけた企業のホームページなどで、そういった例を見かけることがあります。失礼な言い方かもしれませんが、なかには学校の英作文のような文章や、英語圏では小学生の表現のような例もあるようです。特にホームページの場合は、世界の誰がアクセスしてくるかわからないため、書かれてある文章で技術や商品のイメージが半減したり、チャンスを逃したりするようなことがあれば、とても残念なことだと思います。

アイデンティティの明確化

文章はデザインや写真の「つけたし」ではありません。言葉はコミュニケーションのひとつの手段にしかすぎませんが、同時に、適切に選び組み合わせることによって、予想以上にきちんとしっかりメッセージを伝えることのできる力強いツールでもあると考えています。

企業の名前や商品を記憶にとどめてもらうには、その企業を一言で(短いセンテンスで)言うならどういう企業であるのか、また、競合他社との差別化はどこなのかということを明確にしたうえで、それが明瞭に伝わるような文章表現を行うことがポイントです。とかく、あれもできます、これもできますと良いことばかりを並べたくなってくるものですが、それではかえってポイントがぼやけてしまいます。メインとなるべき情報とサブとなる情報にメリハリをつけ、メインの部分で記憶してもらうような構成や展開が大切になってきます。

クリエイティブ翻訳では、そういった企業の「アイデンティティ」を読み取り、それをいかに文章表現のなかで感じてもらうかを意識しながら作業を進めます。

感動を伝えたい

世の中にはさまざまな企業があり、技術があります。会社案内は、読む人にとってもひとつの企業との出会いと言えますが、翻訳者にとっても一期一会の出会いです。じっくりと読み進むうちに、創業者の人となりや哲学、技術の素晴らしさに感動することも少なくありません。しかし、その感動を文章によって読者に感じてもらうには、単調な文章を連ねた翻訳文ではとても伝わりません。また、意味がよくわからない、コートの上から背中を掻くようなすっきりしない文章や不自然な文章では「イライラ」することはあっても「感動」どころではありません。

読む人がさくさく、すらすら読める、意味がズシンと伝わる、読んで感動・納得していただく、そして、お問い合わせをしていただたいたり、さらに詳しい資料を請求していただく、それが会社案内の役割です。その役割を全うするためにお手伝いさせていただきたいというのが、クリエイティブ翻訳の役割でもあると考えています。

イントロダクション
「翻訳」に問題意識をお持ちの方へ
不満の残る翻訳、その原因は?
通じないかもしれない翻訳例
違和感のある翻訳例
直訳の定義と弊害
原文に忠実とは?
クリエイティブ翻訳とは?
クリエイティブ翻訳の特長
クリエイティブ翻訳のプロセス
さまざまな制作物のクリエイティブ翻訳
英文の会社案内を作りたい
英文のカタログを作りたい
英文マニュアルを作りたい
英文情報誌を作りたい
英語のビデオを作りたい
英文の広告を作りたい
日本語と英語の違いとは?
あいまいな日本語と明確をめざす英語
省略する日本語と省略できない英語
英語は「する」文化、日本語は「なる」文化
論理的な英語と理屈の日本語表現
日本語の「起承転結」と英語の「序・本・結」
お問い合わせ・ご注文
「通弁」クリエイティブ翻訳ワークショップ
代表的なクリエイティブ翻訳実績
料金と納期について
チーフ・クリエイティブ翻訳ライターについて
「通弁」クリエイティブ翻訳 コラム
悩み多き翻訳文
クリエイティブ業界とは?
クリエイティブにはクリエイティブを
ビジネスにおける翻訳ライティングの影響
なぜ翻訳臭くなるのか?
日本語はどこがあいまいなのか?
日本語には主語がない?
自由自在の日本語表現
英語の起承転結・ロジック展開とは?
読むのが苦しい翻訳ライティング
良い翻訳のための良い原文とは
外国語が話せれば翻訳ができるのか?
ネイティブがやれば良い翻訳なのか?
翻訳の適正な料金とは?
「通弁」アーティスト
クリエイティブ翻訳実験室
クリエイティブ・バイリンガル・ライターズ
「通弁」クリエイティブ翻訳ブログ  海外ドラマブログ
rondely.com
eToko-Japan:英語で日本紹介
英語情報雑貨屋
さらでスペイン語