「通弁」クリエイティブ翻訳
Copyright (C) Tuben. All rights reserved. Any reproduction or use of the contents is prohibited. 当サイトの内容の無断複写・転用はお断りいたします。
クリエイティブ翻訳のプロセス

自然な表現になる理由

よく「木を見て森を見ず」と言いますが、文章の個々の部品(コンポーネンツ)を表面的に訳出することのみに捉われていると「直訳」になり、全体として通じにくい文章になってしまいます。クリエイティブ翻訳では、木を見ながら森を完成させていくバランス感覚を維持しながら作業を進めていきます。下の図は、通常、クリエイティブ翻訳を行う際のプロセスを表したものです。

クリエイティブ翻訳のプロセス

まず、原文をよく読み込むことで情報の核心をつかみ、「どんな目的で何を伝えようとするものなのか」という情報の性質や位置づけを特定します。情報の特性がつかめたところで、翻訳元の文章構造をいったんクリアし、翻訳先の言語において実際に使用されている類似した実例をストックから探し特定します。つまり、翻訳元の文章をそのまま訳そうとするのではなく、翻訳先の言語で「こういうことを言う場合はどう言うのか」という最も近い実例を先に見つけようとするわけです。実例のパターンが見つかればそれが翻訳先文章の骨組みとなります。

次に、上記で決定した文章構造の骨組みに基づいて、翻訳元の文章の個々のコンポーネンツのすり合わせを行い、骨組みに肉づけを行う形で文章を完成させていきます。このとき、それぞれのコンポーネンツについても、論理性や感性を織り込みながら、実際に翻訳先言語で使用されている表現であるかを逐一検証したうえでその表現を決定していきます。こうすることで、翻訳先言語では使われない文章構造、表現は最初から採用されないことになるため、完成した文章はより自然な言い回しにすることができます。翻訳先文章の案ができたところで、最終的に翻訳元の文章と見比べ整合を取ります。

なお、このプロセスは、それぞれ独立した段階で順序に基づき行われるのではなく、同時進行で頭の中で行われるプロセスになります。また、原文の実例ストックや実用例は実際のデータベースが存在するわけではなく、翻訳者の経験や感性に基づきアクセスすることができる資料やリソースを含む仮想的なものと定義することができます。

段落の調整と書体やデザインとの整合

クリエイティブ翻訳の特長でも述べましたが、翻訳物を単なる文章の集合体ではなく、翻訳先言語における起承転結に基づいた「読み物」として完成するためには、段落間あるいは個々の段落内の文章間の論理的つながりを整える必要があります。例として、日本語では複数の情報が並列的に連ねられることが多く、それが日本語らしさを出していると考えることもできますが、英語ではある程度のヒエラルキーを持たせることが必要な場合があります。

また、原文がレイアウトやデザインとともに完成されている場合は、それらの要素に最もフィットした文章表現を考える必要があります。発信側のメッセージは、必ずしも文章のみに表現されているわけではありません。文章の書体、デザイン、ひいてはレイアウトによってページの作り出す白場さえも「何か」を感じさせようとしてるものです。こういったことを踏まえて文章を作成するのが前提になります。

たとえば、日本語のキャッチフレーズは、短いわりには複数の情報を伝えていることがよくあります(漢字などを使用することで日本語は短くてすむため)。しかし、その情報を伝えるとアルファベット言語の英語ではどうしても長くなりがちです。だからと言って、その英文キャッチフレーズが小さな文字で長い説明調というのでは原文の意図を全く無視していると言えるでしょう。同時に、翻訳が長すぎて文字が入らないため、デザイン要素を小さくするとか、白場スペースがぎっしりというのでは、これも話になりません。物理的に不可能な場合もありますが、できる限り短く効果的な文章表現を創出していく工夫が求められます。

以上のようなことを踏まえながら、単なる文章の翻訳ではなく、翻訳先言語での「読み物」としてのトータルな視点から表現を追求するのがクリエイティブ翻訳のプロセスです。
イントロダクション
「翻訳」に問題意識をお持ちの方へ
不満の残る翻訳、その原因は?
通じないかもしれない翻訳例
違和感のある翻訳例
直訳の定義と弊害
原文に忠実とは?
クリエイティブ翻訳とは?
クリエイティブ翻訳の特長
クリエイティブ翻訳のプロセス
さまざまな制作物のクリエイティブ翻訳
英文の会社案内を作りたい
英文のカタログを作りたい
英文マニュアルを作りたい
英文情報誌を作りたい
英語のビデオを作りたい
英文の広告を作りたい
日本語と英語の違いとは?
あいまいな日本語と明確をめざす英語
省略する日本語と省略できない英語
英語は「する」文化、日本語は「なる」文化
論理的な英語と理屈の日本語表現
日本語の「起承転結」と英語の「序・本・結」
お問い合わせ・ご注文
「通弁」クリエイティブ翻訳ワークショップ
代表的なクリエイティブ翻訳実績
料金と納期について
チーフ・クリエイティブ翻訳ライターについて
「通弁」クリエイティブ翻訳 コラム
悩み多き翻訳文
クリエイティブ業界とは?
クリエイティブにはクリエイティブを
ビジネスにおける翻訳ライティングの影響
なぜ翻訳臭くなるのか?
日本語はどこがあいまいなのか?
日本語には主語がない?
自由自在の日本語表現
英語の起承転結・ロジック展開とは?
読むのが苦しい翻訳ライティング
良い翻訳のための良い原文とは
外国語が話せれば翻訳ができるのか?
ネイティブがやれば良い翻訳なのか?
翻訳の適正な料金とは?
「通弁」アーティスト
クリエイティブ翻訳実験室
クリエイティブ・バイリンガル・ライターズ
「通弁」クリエイティブ翻訳ブログ  海外ドラマブログ
rondely.com
eToko-Japan:英語で日本紹介
英語情報雑貨屋
さらでスペイン語