アメリカ英語が主流の日本の英語教育ですが、英語=アメリカと思ったら大間違いです。何と言ってもその元祖はイギリス。ヨーロッパに行くと、英語は英国の言葉なのになぜアメリカ英語なの?と聞かれます。ここでは、いろんな国の英語についてまとめてみました。
Last update April 20, 2015




現在地→ | 英語雑貨屋トップ | 英語用語集 | 英語独学室 | 英語資料室/世界の英語 | 英語なんてタコ |

           
アメリカ英語
本家イギリスから疎まれながらも、日本では最も親しみがあり、世界的にも影響力を持つアメリカ英語とは?
イギリス英語
そこはやはり英語のルーツ、格調の高さがウリですが、「お高くとまっちゃって」となりかねないイギリス英語とは?
カナダ英語
北米だからアメリカ英語と同じじゃない?などと思ってしまいがちのカナダ英語ですが、果たしてその特徴とは?



オーストラリア英語
「エイ」が「アイ」に聞える?知らないととんでもない意味に誤解してしまうオーストラリア英語。その実際のところは?
ニュージーランド英語
オーストラリア英語と同じでしょ?と思いがちのニュージーランド英語。なるほど似てますが微妙な違いも…。
アイルランド英語
イギリス英語と同じ?それともスコットランド英語に近い?なんとなくクセのありそうなアイルランド英語とは?
スコットランド英語
「その文法おかしくない?」――確かにヘンだと言えばヘンだけど、それがスコットランド英語の独特の味わい?
ウェールズ英語
ウェールズ英語ってイギリス英語じゃないの?どこが違うの?ケルトの国ウェールズで話される英語の特徴とは?

参考資料




 サイト内コンテンツ 

英語の発音 「エ」の口で「ア」と発音… そんな覚え方もいいけれど、英語の発音というものを体系的に捉えてみませんか?

映画ドラマの英語表現 英語ドラマの英語表現   「実際にはこんな表現をするのか」という学校では教えてくれない英語表現。英語圏のドラマや映画を思い切り活用しよう。

英語の歴史 英語の歴史   たどってみよう、英語の生い立ち。英語の歴史を知ることで、英語という言語の理解が深まります。