「通弁」クリエイティブ翻訳

Copyright (C) Tuben. All rights reserved. Any reproduction or use of the contents is prohibited. 当サイトの内容の無断複写・転用はお断りいたします。
「通弁」クリエイティブ翻訳

Since 2006. Last update November 21, 2018. Copyright (C) Tuben. All rights reserved.
Any reproduction or use of the contents is prohibited.

当サイトの内容の無断複写・転用はお断りいたします。

英文マニュアルを作りたい

わかりやすさと正確さ

マニュアルの表現で大切なのは、わかりやすさと正確さです。商品を操作しながら片手に持って読めるくらいの簡便性が必要であり、そのためには、文章は短いことが条件です。用語の長短の差もありますが、長くとも15ワードくらいには納めたいものです。

そのためには、文章構造はできるだけシンプルにすることです。正確に表現しようとして多くの修飾語を入れると長くて読みにくい文章になってしまいます。とくに日英翻訳の場合、原文の日本語より英文のほうが長くなります。

しかも、直訳することで、原文の修飾部分を表現するための関係代名詞・関係副詞の数も増え、パズルのような「入れ子状態」になってしまいます。これでは、商品を操作しながら読むというよりは、机にかじりついて意味を解読しなければならないような労力を強いられてしまいます。

また、カタログなどの翻訳ライティングでも同様ですが、このブロックでは何を説明するのかという「結論」を先に述べることも重要です。マニュアルは、最初から最後まで一通り読んで終わりというものではなく、疑問が生じたり、操作を確認するために何度でも参照すべきものですので、該当する情報に即座に到達できることがポイントです。

「通弁」のクリエイティブ翻訳では、個々の文章をそのまま翻訳していくのではなく、その文章によってユーザーにどんな操作をしてもらおうというしているのかを頭に置いたうえで、それをいかにスムーズに正しく伝えるかをめざします。文章を訳すというより操作を翻訳すると言えるでしょう。同時に、段落内の文章を整理し、できるかぎり結論を先に述べる文章表現を心がけています。

ユニバーサルな表現

英文マニュアルの場合、それを読む人は英語圏のネイティブスピーカーとはかぎりません。また、日本の英語教育ではアメリカ英語が主体になっていますが、全世界を視野に入れた場合、イギリス英語のほうがより一般的です。カタログの文章においても同様ですが、広く一般的に通じるスタンダードな英語表現を使用することも大切だと考えます。

マニュアルは正しく商品やサービスを使ってもらうための指示書ですので、英語圏の人に理解できても、英語を母国語としない人たちに理解できないということでは困ります。そのためにも、わかりやすい文章表現が必要になってきます(とは言え、小学生の書くようなぎこちない文章を書くということではありません)。英語圏の人しかわからないような熟語や言い回しを使わない(英語圏でも国によって異なる場合があります)ということです。

たとえば、「取り除く」という場合、take outget rid of といった英語本来(ゲルマン語源)の動詞を使うのではなく、removeeliminate といったラテン語源の動詞を使うほうがわかりやすい場合もあります。フランス語やスペイン語、イタリア語、ポルトガル語などのラテン語から派生した言語圏の人には、類似の単語が母国語にもあるので理解しやすいわけです。

前者のような前置詞を組み合わせた熟語では複数の意味を持つものもありますが、ラテン語系の言葉ではそれ以外の意味はないため、誤解の可能性もなく正確であると言えます。さらに、10,000といった4ケタ以上の数字表記も英語以外の言語では「コンマ」(,)の代わりに「ピリオド」(.)が使われ、逆に小数点は「コンマ」で表記します。英語圏以外の人がうっかり読み違えてしまう可能性もでてきます。こういったことから、コンマやピリオドを使わず10 000と分かち書きにしたほうがいいとする意見もあります。

「通弁」のクリエイティブ翻訳では、上記のようなことも踏まえたうえで、マニュアルの文章作成を行っています。

効率とコストパフォーマンス

マニュアルの翻訳は、商品のリリースに間に合わせるため、時間的な余裕もない状況で作業を進めなければならないこともあります。また、マニュアルの制作費は、商品の価格に反映される場合も多いため、そのコストをいかに抑えるかというのも課題のひとつだと思われます。

当然のことながら、効率とコストは相関関係にあり、作業効率が上がればコストを下げることができます。マニュアルの翻訳ライティング作業の効率化を左右する要素として下記があげられます。

①原文自体がわかりやすく正確であること
②専門用語を正確に使用・統一できる方法
③繰り返し箇所やパターン箇所を簡単に見つけ流用できる方法

①については、原作者にゆだねるしかありませんが、理解しやすい正確な文章は、翻訳作業もしやすくより良い文章が完成するのは言うまでもありません。詳しくは、コラム良い翻訳のための良い原文とはを参照ください。

次に②ですが、マニュアル全体を通じて、正確な専門用語が使用され、かつ、その言い方が統一されていることが必要条件です。現在の自動翻訳ソフトはまだまだ実用に耐えないため、自然でわかりやすい翻訳文章の作成は人間系の作業になります。その際、専門用語をすべて記憶にとどめたうえで文章作成をするなどということは不可能であり、人間のすることですのでミスは完全に排除できません。

結局、エクセルなどで作成した用語リストで逐一確認しながら文章作成をするしかないのですが、統一すべき用語が多い場合、これも現実的とは言えません。かなり非効率的な作業になります。これについては、機械系で自動的に専門用語を反映させてしまうような仕組みが必要だと考えます。

逆に③については、同じ文章で表現されていても、その情報の目的や使用箇所が異なるため、人間による手直しが必要な場合があります。機械系にまかせてしまうと、勝手に置き換えられてしまってチェック段階でも気づかないというリスクもあります。ここでは、機械的処理と人間系の作業を組み合わせた半自動的な仕組みが効果的です。

「通弁」では、こういったことも考慮し、100%完ぺきではありませんが、人間系の良さを活かしながら、ミスを介在させないようなやり方を使用しています。