現在地→ | 英語雑貨屋トップ | 英語用語集 | 英語独学室/英語の発音 | 英語資料室 | 英語なんてタコ |
           

Last update June 21, 2018

 Level 10  /eɪ/ の発音 |  /n/、/ŋ/ の発音 |  単語の発音練習 |


ここでは、子音 /n//ŋ/ の音をマスターしましょう。

まず、/n/ の音を見てみましょう。子音の音だけではわかりにくいため、発音サンプルは母音を含んだ音になっています。イラストは目安です。また、この音を発音しているときの口の形は、その前後の母音に影響されます。

(35) /n/ の発音―舌を上の歯ぐきにつけて鼻から息を抜く音


(no)
(Sound source: http://www.excite.co.jp/dictionary/)

発音記号 器官 有声/無声 種類
/n/ 舌(した) 歯ぐき(はぐき) 有声音(ゆうせいおん) 鼻音(びおん)

/n/ の音は、舌先を上の歯ぐきの裏側につけ空気(息)の流れを止め、鼻から息を抜くことで発音する鼻音です。同じ鼻音である /m/ の音が、両唇をしっかり閉じて鼻から息を抜くのに対して、これは舌先を歯ぐきの裏に付けて鼻から息を抜きます。

 使う器官:歯ぐき、舌。
 唇の形:前後の母音の口の形に影響される。
 舌の位置:舌先が上の歯ぐきの裏側に触れている。
 声帯:有声音なので声帯が振動する。

 Let's 発音! 
①口の形は自然に少し開けてください。
②舌先を上の歯ぐきの裏側に付けます。
③そのままの状態で声を出しながら、鼻に息を送ります。

注:このとき、「ー」などのよけいな音を出さないでください。

④「ぬー」といった自然な音が出ますね。
⑤これが /n/ の発音です。

 日本語との違い 
日本語の「な行」の音よりも鼻にかかった強い音になります。






次に、/ŋ/ の音を見てみましょう。子音の音だけではわかりにくいため、発音サンプルは母音を含んだ音になっています。イラストは目安です。また、この音を発音しているときの口の形は、その前後の母音に影響されます。

(36) /ŋ/ の発音―舌を口蓋につけて鼻から息を抜く音


(king)
(Sound source: http://www.excite.co.jp/dictionary/)


発音記号 器官 有声/無声 種類
/ŋ/ 舌(した) 口蓋(こうがい) 有声音(ゆうせいおん) 鼻音(びおん)

/ŋ/ の音は、舌の後ろのほうを口蓋(口の天井)につけて空気(息)の流れをさえぎり、鼻から息を抜くことで出る鼻音です。上の /n/ の音が、舌先を歯ぐきの裏側に付けて空気の流れをさえぎるのに対して、これは舌の後方を口蓋につけて流れを止めます。また、次の発音に移る段階で舌を口蓋から放すときに小さな「グ」といった音が聞こえます。

 使う器官:口蓋、舌。
 唇の形:前後の母音の口の形に影響される。
 舌の位置:舌の後ろが上の口蓋に触れている。
 声帯:有声音なので声帯が振動する。

 Let's 発音! 
①口の形は自然に少し開けてください。
②舌の後ろのほうを口蓋に付けます。
③そのままの状態で声を出しながら、鼻に息を送ります。
④そして、舌を口蓋から放します。

注:このとき、「んぐ」などのよけいな音を出さないでください。

⑤「ン」といった自然な音が出ますね。
⑥これが /ŋ/ の発音です。

 日本語との違い 
日本語では、「ヤング(若い)」、「キング(王)」など日本語で表記する場合が多いため、つい「ぐ」を声を出して発音してしまいがちですが、「グ」自体は声にならない音だと理解してください。