現在地→ | 英語雑貨屋トップ | 英語用語集 | 英語独学室 | 英語資料室/世界の英語―アメリカ英語の発音 | 英語なんてタコ |

             

Last update January 12, 2019

アメリカ英語の発音

一般的な傾向と特徴

一言でアメリカと言っても広く、発音も地域によって異なるため、ここでは「標準アメリカ英語」を中心に説明を進めていきます。「標準アメリカ英語」とは、アメリカ南部やイギリス英語の影響が強い北東部(Northeastern:Maine, New Hampshire, Vermont, Massachusetts, Rhode Island, Connecticut, New York, New Jersey, Pennsylvania)以外の地域で話されている、アフリカ系アメリカ英語を含まない英語の発音と定義します。




では、さっそくアメリカ英語の発音についてみてみましょう。

アメリカ英語の母音



 アメリカ英語の二重母音
二重母音 /eɪ/ /aɪ/
単語例 face price
二重母音 /ɔɪ/ /oʊ/
単語例 choice goat
二重母音 /aʊ/ /ɪɚ/*
単語例 mouth near
二重母音 /ɛɚ/* /(j)ʊɚ/*
単語例 square cure
* 厳密には二重母音とは言えませんが、他の英語圏との比較のため、ここに表記しています。

●上の図には、英和辞典でも見慣れない発音記号が含まれています。それには黒い文字で括弧書きで、通常辞書などで使われている表記を記しています。
●たとえば、/ɝ//ɚ/ は、アメリカ英語特有の「r」の音を伴う音を表します。また、これら両者の音の違いは、前者が、birdwork などのアクセントのある音を表し、後者は、dinnerwater など、アクセントのない「あいまい母音」/ə/ に「r」が伴われた音になります。