現在地→ | 英語雑貨屋トップ | 英語用語集 | 英語独学室 | 英語資料室/世界の英語―アメリカ英語 | 英語なんてタコ |

             

Last update January 12, 2019

アメリカ英語のルーツ

アメリカ英語の発祥は、ご存知のように、17世紀に始まったイギリスからの移民によってもたらされたイギリス英語です。その後、先住民であるネイティブアメリカンやドイツ、アイルランド、スペインなどから移民してきた人々の言語の影響を受けながら発展していきました。

ちなみに、本国イギリスではすでに失われていますが、アメリカ英語にはそのまま残っている特徴もあります。その代表的なものが、標準アメリカ英語に見られる、母音の後の「r」を発音するという rhotic (ロウティック)の特徴です。これは、現代のイギリス英語には見られませんが、当時のイギリス英語では一般的な特徴であり、アイルランドやスコットランドの英語にも引き継がれています。ただし、移民後もイギリスとのつながりが深かった東海岸(ニューイングランド、ニューヨーク、フィラデルフィアなど)では、この特徴は見られません。



「秋」を意味する fall もそうです。イギリスでは autumn を使うのが一般的ですが、アメリカ英語では fall をよく使います。この単語も17世紀の移民と同時にもたらされた語彙で、16世紀のイギリスでは、この季節を形容するのに fall of the year とか fall of the leaf などと表現していたものが省略されて fall となったと言われています。