現在地→ | 英語雑貨屋トップ | 英語用語集 | 英語独学室 | 英語資料室/世界の英語―ニュージーランド英語の発音 | 英語なんてタコ |

             

Last update February 14, 2019

ニュージーランド英語の発音

一般的な傾向と特徴

ニュージーランドは、カナダやオーストラリアと同様、イギリス連邦(The Commonwealth of Nations)のメンバーです。地理的にもオーストラリアに近いことから、オーストラリア英語の発音の特徴と非常に似ています。

とは言え、微妙な違いもあり、その1つとして挙げられるのが、第二次大戦後特に顕著になった「i」の音の違いがあり、ニュージーランド英語の「i」の発音は、弱くあいまいな音になります。下の母音(単母音)イメージ図をご覧いただけばわかりますが、他の国の英語にみられる短母音の /ɪ//i/ の発音は /ɘ/ の音で発音され、長母音としての /iː/ があるだけです(二重母音には /iə/ の音があります)。

では、さっそくニュージーランド英語の発音の特徴を見てみましょう。

ニュージーランド英語の母音

ニュージーランド英語の母音のイメージは以下のようになります。


 ニュージーランド英語の二重母音
二重母音 /æe/ /ɐe/
単語例 face price
二重母音 /oe/ /ɐʉ/
単語例 choice goat
二重母音 /æo/ /iə/
単語例 mouth near
二重母音 /eə(iə)/ /(j)ʉ.ɐ/
単語例 square cure

●上の図および表には、英和辞典でも見慣れない発音記号が含まれています。それには黒い文字で括弧書きで、通常辞書などで使われている表記を記しています。
●たとえば、/ʉː//ɵː/ は、辞書の表記ではそれぞれ、/uː//əː/ の表記になりますが、実際の発音では、それらより舌の位置が前に来たり、口の開け方が小さくなります。
●「a」を逆さにした /ɐ//a/ の発音よりも舌の位置が中央に引き、口の開け方が小さくなります。
●最初の説明にあるように、/i//ɪ/ の音は、口の大きさを小さめに半分くらい開け、舌の前後の位置を中央に置いて発音する /ɘ/ の音になります。
●また、長母音の /iː/ の矢印は、舌の位置が矢印の方向に変化することを表しており、その意味では二重母音と捉えることができます。