現在地→ | 英語雑貨屋トップ | 英語用語集 | 英語独学室 | 英語資料室/世界の英語―ウェールズ英語の発音 | 英語なんてタコ |

             

Last update February 16, 2019

ウェールズ英語の発音

一般的な傾向と特徴

ウェールズ (Wales) はグレートブリテン島の西側に位置する国であり、「グレート・ブリテンおよび北アイルランド連合王国」(The United Kingdom of Great Britain and Northern Ireland)のメンバーです。アイルランド英語同様、ウェールズ英語の発音には「標準英語」というものが存在せず、地域ごとに異なります。たとえば、ウェールズの首都であるカーディフ (Cardiff) の英語はウェールズの他の地域とは異なり、むしろイギリス英語(RP)に近いのが特徴です。当然のことながら、イングランドとの国境に近い東部ではイングランドで話されている英語の影響が強く、西部に行くとその影響が弱まり、ウェールズ独特の特徴がより強くなります。

このウェールズ独特の特徴とは18世紀ごろまで母国語として話されていたウェールズ語(現在でも英語と併用して使われています)の影響であり、音節の末尾に来る母音の後の「r」のスペルを発音するロウティック (Rhotic) の発音をはじめ、ウェールズ語にない /z/ などの発音の不在、二重母音が区切って発音される、母音の発音において舌の位置が前にくる傾向があるといった特徴が挙げられます。

ウェールズ英語の母音


ウェールズ英語の母音のイメージは以下のようになります(地域によっても異なりますので、あくまでも目安です)。


 ウェールズ英語の二重母音
二重母音 /ei(e)/* /ai/
単語例 face price
二重母音 /ɒi/ /o(ou)/*
単語例 choice goat
二重母音 /au/ /ɪə/
単語例 mouth near
二重母音 /* /(j)ʊə/
単語例 square cure
* 厳密には二重母音とは言えませんが、他の英語圏との比較のため、ここに表記しています。

●上の図には、英和辞典でも見慣れない発音記号が含まれています。それには黒い文字で括弧書きで、通常辞書などで使われている表記を記しています。
●たとえば、/ɑ//ɒ/ は、アメリカ英語などでは区別されません。辞書の表記も /ɑ/ のみになっています。
●また、/ɜ/ も通常は /ə/ で表記されます。