スペイン語文法ノート 英語なら a、an、the しかない冠詞もスペイン語では全部で9種類。男性名詞、女性名詞、単数、複数と、それぞれ冠詞が異なります。ここでは、そもそも冠詞の役割は何なのか?―といったことも含めて、スペイン語の冠詞の概要をつかんでおきましょう。




スペイン語の冠詞について


Última actualización: 20 de abril 2016


| さらでスペイン語トップ | はじめてのスペイン語 | スペイン語用語集 |  スペイン語文法ノート  | スペイン語表現ノート | スペイン語の歴史 |

さらでスペイン語トップ  はじめてのスペイン語  日本語で学ぶスペイン語単語  スペイン語文法ノート  スペイン語用語集  スペイン語の表現  スペイン語の歴史  前へ 

冠詞の起源

スペイン語も、英語などと同様に冠詞を持つ言語で、the に相当する定冠詞と a、an に相当する不定冠詞があります。日本語には「冠詞」というものはないため、日本人にとっては、その概念が理解しにくいと思います。

そもそもなぜ「冠詞」というものが生まれたか―これは、正確なコミュニケーションのため必要だったからに他なりません。特に、「私は犬を飼っています。その犬は…」などと、前の文章に出てきた名詞をもう一度後の文章で使う場合、「その~」とか「あの~」といった言葉を使って名詞を指し示す必要があります。このプロセスを繰り返すうちに、名詞を指し示すためにつけていた言葉がだんだん変化して定冠詞(英語では the)になったと言われています。事実、「その」や「あの」という意味の言葉を語源とする定冠詞を持つ言語が多くみられます。

英語の the も指示代名詞の that から派生しています。それと同様に、スペイン語の定冠詞も指示代名詞から発展しました。また、英語の不定冠詞 a、an が「ひとつ」を表す one から発展したように、スペイン語の不定冠詞も「ひとつ」を表す単語から来ています。

ただし、スペイン語の定冠詞のルーツはスペイン語の指示代名詞ではなく、その親言語であるラテン語が元になっています。ラテン語自体は冠詞を持たない言語ですが、そこからスペイン語をはじめ、フランス語、イタリア語、ポルトガル語などのさまざまな言語(総称してロマンス語と呼ばれます)が形成される過程において、冠詞を持つようになったようです。そして、スペイン語を含むそれらの言語の冠詞のルーツになったのが、ラテン語の指示代名詞 ille、illa、illud と言われています。





冠詞の役割

さて、こうして生まれた「冠詞」ですが、最初は、「この名詞はさっき話した名詞ですよ」という「どの名詞を指すか」という言及のための要素(定冠詞)であったり、「この名詞は複数ではなくて単数―1つですよ」ということを表す(不定冠詞)という単純な目的で使われていたと考えられます。

しかし、言葉は時代とともに変化します。長い歴史のなかで、当初の用途がだんだんと拡大し、それ以外の目的でも使われるようになってきました。これはどの言語にも共通して言えることですが、冠詞のない日本語を母国語とする日本人にとって、冠詞の用法が難しいと思われる原因もここにあるのではないかと思われます。

冠詞とは一体何のためにあるのか―以下に、スペイン語の冠詞の働きについてまとめてみました。

  名詞の性数を特定する
  名詞が既知のものか未知のものかを示す
  名詞の持つ意味の範囲を限定する
  名詞の持つ性質を強調する
  意味の関連する別の名詞を表す

定冠詞、不定冠詞の個々の役割については、それぞれ、スペイン語の定冠詞の特徴スペイン語の不定冠詞の特徴を参照してください。





定冠詞 (Artículo determinado/definido)

スペイン語には、男性単数、男性複数、女性単数、女性複数、中性の5つの定冠詞があります。

区別 単数 複数
男性 el los
女性 la las
中性 lo




  前置詞との組み合わせ
男性名詞につく定冠詞 el が、前置詞 a 、de が前に来た場合、以下のように結合します。

a + el --> al de + el --> del
例)
al pueblo, del pueblo

ただし、その定冠詞が固有名詞の一部を形成している場合は、結合せず、そのまま離して使います。
例)
ir a El Escorial (エル・エスコリアルへ行く)
director de El País (エル・パイスの編集長)

  母音で始まる女性名詞
アクセントのある母音で始まる女性単数名詞の前につく場合、定冠詞 la は使わず、男性形の el を使用します。
例)
el ama (その主婦)
el hada (その妖精)
el agua (その水)

ただし、女性の名前やアルファベットの文字につく場合は、女性形の la を使います。
例)
la Ángela (そのアンヘラ)
la a de la palabra (その単語の a の文字)





不定冠詞 (Artículo indeterminado/indefinido)

スペイン語には、男性単数、男性複数、女性単数、女性複数の4つの不定冠詞があります。

区別 単数 複数
男性 un unos
女性 una unas

  母音で始まる女性名詞
アクセントのある母音で始まる女性単数名詞の前につく場合、不定冠詞 una は使わず、男性形の un を使用します。
例)
un ama (一人の主婦)
un hada (一人の妖精)