スペイン語文法ノート 英語のように「be 動詞+過去分詞」で「受身」の出来上がり―というのもいいのですが、言語が違えば考え方も異なります。やはり、情熱の言語というわけか、そもそも「受動態」といった消極的(?)な言い回しを好まないスペイン語。その受動態のカタチとは?




スペイン語の受身表現法


Última actualización: 17 de abril 2016


| さらでスペイン語トップ | はじめてのスペイン語 | スペイン語用語集 |  スペイン語文法ノート  | スペイン語表現ノート | スペイン語の歴史 |

さらでスペイン語トップ  はじめてのスペイン語  日本語で学ぶスペイン語単語  スペイン語文法ノート  スペイン語用語集  スペイン語の表現  スペイン語の歴史  前へ 


話者の視点の変化

スペイン語の受動態の考え方において、スペイン語は能動的な表現を好む言語であるということ、また、スペイン語の受身形には「ser/estar +過去分詞」を使った迂言的受身 (pasiva perifrástica) と三人称代名詞の se を使った再帰的受身 (pasiva refleja) があるということを説明しました。さらに、迂言的受身はあまり好まれないということも述べましたが、かといって、まったく使われないということではありません。では、実際に、スペイン語では、どういう場合に、どのように受身形を使用するのかを見てみたいと思います。

まず、前提として、

行動主が明確な場合 能動態
行動主と受動主の重み付けを入れ替える場合 迂言的受身
行動主をあいまいにしたい場合 再帰的受身
行動主がわからない場合 再帰的受身
受動主に焦点が当たっている場合 迂言的受身

という図式が成り立つと言えます。

スペイン語の受動態の考え方で挙げた例に当てはめて考えると、以下のような図に置き換えることができます。つまり、2つの受身形である迂言的受身と再帰的受身は、どんな場合にも、同じように使用できるものではなく、それぞれの用途が決まっているということなのです。


以下、それぞれの用法について詳しく見てみることにしましょう。






迂言的受身

スペイン語の受動態の特徴においても、この受身形はスペイン語ではあまり使われないということを述べましたが、特殊な例として、この受身形を使用することが便利な場合や、話の流れから自然な場合があります。

たとえば、「ピカソ」と「ゲルニカ」を例にとって考えてみましょう。現実世界のひとつの現象として捉えた場合、「ピカソ」は行動主で「ゲルニカ」は受動主ということができます。言い換えれば、デフォルトの状態では、行動主である「ピカソ」により重み付けがある(焦点が当たっている)ということで、迂言的受身とは、この重み付けを逆転させるという役割があると考えることができます。

よって、前後に特別な脈絡がなく、「ピカソがゲルニカを描いた」ということを述べるのであれば、

Picasso pintó el Guernica.
(ピカソはゲルニカを描いた。)

という能動態になるのですが、これが、「ソフィア王妃芸術センターに行ってゲルニカを見てきた」とか、「ゲルニカは戦争の悲劇を描いた作品だ」といった話題のなかで、「ではその作者は?」という流れになったとき、「ピカソがゲルニカを描きました」というのもいいのですが、何となくしっくり来ない感じがあります。「ゲルニカ」に話の焦点がありますので、

El Guernica fue pintado por Picasso.
(ゲルニカはピカソによって描かれた。)

と表現したほうがスムーズに話が流れるわけです。もうひとつ例を挙げてみましょう。

El hombre murió y fue enterrado sobre la colina.
(その男は死んで、丘の上に埋葬された。)

このように、文章を続ける場合、すでに El hombre が主語としてスタートしていますので、できればこの主語をそのまま引き継いで表現したほうが流れがスムーズになります。言い換えれば、話の焦点が El hombre にあるということで、この焦点をそのまま維持したほうが、文章として自然であると言えます。

また、ここで注意したいのは、スペイン語の受動態の特徴でも述べていますが、スペイン語では、受身文として主語にできるのは、直接目的語だけだということです。下の例を見てみましょう。

英語:
He (S) gave (V) me(OI) some books (OD).

OK: Some books were given to me by him. (直接目的語を主語)
OK: I was given some books by him. (間接目的語を主語)

スペイン語:
Él (S) me (OI) dió (V) unos libros (OD).

OK: Unos libros fueron dados a mí por él. (直接目的語を主語)
NG: Yo fue dado unos libros por él. (間接目的語を主語)

英語であれば、some books(直接目的語)を主語にした文と、me(間接目的語)を主語にした2種類の受身文が成り立ちますが、スペイン語では、間接目的語を主語にした受身は存在しません。よって、この場合は、

(Él) Me dió unos libros.

と能動態で表現するのが普通です。あるいは、「私」に焦点があるため、そのまま「私」という主語で文章を続けたい場合は、

Yo fui el (la) que recibí unos libros.
(私が本を受け取った者だ)

などと文章を書き換えてしまうという方法もあります。





再帰的受身

「行動主」がわからない場合やあいまいにしたい場合に使われるのが、三人称の再帰代名詞 se を使った再帰的受身です。上の迂言的受身との対比で考えると、「行動主」と「受動主」の重み付けを逆転させるというよりも、「受動主」を強調し、「行動主」の存在は「問題にしない、どうでもいい、言う必要もない」といった心理が働いています。

Aquí se venden libros.
(ここでは本が売られている。)
Se habla español en el país.
(その国ではスペイン語が話されている。)

つまり、「本が販売されている」や「スペイン語が話されている」ことが大事なのであって、誰が売っているか、話しているかというのは店員であり、人々であり、概念的に推測できる対象であるとも言えますし、男性か女性か、若いのか年配なのか、といったようなことはどうでもいい、あるいは不明だということでもあります。律儀に能動態で表現するまでもなく、ざっくり、あいまいに表現できる便利な用法だとも言えるでしょう。

また、再帰的受身では、英語の ...given by him のように「~によって」(por él) などと行為者を表現しないのが普通です。そもそも再帰的受身とは、行動主をぼかすために使用するものであるため、わざわざぼかしたものを表現する必要はないわけです。もっとも、実際には、まったく行為者を言及した事例がないということではありませんが、こういった用法は適切でないとする考え方もあります。

ところで、再帰的受身を使用するうえで注意すべきことは、スペイン語の受動態の考え方もうひとつの受身形でも述べていますが、この用法が使えるのは、主語になる受動主が

三人称のみ
物(非人間)のみ

という制限があり、「人間」を主語にした受身表現はできません。それは、再帰代名詞の se を使った用例が他にもあり、そういった用例と混同されてしまう恐れがあるからです。

Él se criticó mucho.
(彼は自分自身をひどく批判した。)
Los profesores se respetan mucho.
(教師たちはお互いにとても尊敬し合っている。)

上の例文では、「自分自身を~する」という再帰的な意味になり、下の例文では、「お互いに~する」という意味になってしまいます。こういった理由から、「人間」を主語にはしないというルールがあるのです。

しかしながら、人間を主語にした受身的なニュアンスが表現できないというわけではありません。あくまでも、文法の形(公式)として、1つの決まったパターンに集約できないということで、以下のような表現方法があります。

三人称の再帰代名詞 se を使った無人称表現
行動主を言及せず、三人称複数形動詞を使って能動態として表現

例を挙げてみると、

Se criticó mucho a Juan.
(ホアンはひどく批判された。)―se を使った無人称表現
Se trató a los heridos inmediatamente.
(負傷者はただちに手当てされた。)―se を使った無人称表現
Me robaron la cartera en la calle.
(私は通りで財布を盗まれた。)―三人称複数形を使った能動表現

最初の例文と二番目の例文は、無人称の se を使った用法で、最後は、三人称複数形動詞を使った能動態であり、受身形としての形式ではありません。特に最後の例文は、形としては能動態なのですが、あえて「誰が盗んだか」という行動主を表現しないことによって、「私」(Me) に焦点を移すことができ、受身に近いニュアンスを表すことができるわけです。

無人称の se を使った用法では、人称目的語を表す「a」がつきます。また、動詞は必ず三人称単数となりますので、再帰的受身のように、数の一致がありませんので注意が必要です。

もっとも顕著な例として、以下の例文を見てみましょう。

Se venden libros.
(本が売られている。)―再帰的受身
Se vende libros.
(本が売られている。)―se を使った無人称表現

上の例文では、複数である本 (libros) と、動詞 (venden) が数の一致をしていますので、受身であるということが言えますが、下の例文では「本」は複数ですが、と動詞 (vende) は単数になっており、数の一致がありません。これは、受身ではなく、se を使った無人称表現だと見分けることができます。ただし、下の例文のような内容の場合、まぎらわしいため、わざわざ se を使った無人称表現を使わず、再帰的受身として、きちんと数の一致をさせて表現するのが望ましいでしょう。

いずれにしろ、スペイン語の受動態の考え方歴史的考察でも述べていますが、スペイン語では、「能動態か vs 能動態でないか」という観点のほうが理解しやすいと思いますので、文法的な探求をしたいというのでなければ、受身か無人称かといった分類にこだわる必要もないでしょう。「視点が行動主からそれている」というだけの話で、「本を売っている」も「本が売られている」も情報としての意味は同じです。それが受身であるかないかというのは、文法学という学問における問題であり、実際のコミュニケーションとしてはさして影響がないと言えるでしょう。