「通弁」クリエイティブ翻訳

Since 2006. Last update November 13, 2018. Copyright (C) Tuben. All rights reserved.
Any reproduction or use of the contents is prohibited.

当サイトの内容の無断複写・転用はお断りいたします。

単なる翻訳では満足できない方に
翻訳の臭いのしない翻訳が欲しい方に
英文ライティングを求めている方に
本気でメッセージを伝えたい方に
スマートな英語表現が欲しい方に
翻訳を超えた「クリエイティブ翻訳」
「通弁」クリエイティブ翻訳

Since 2006. Last update November 13, 2018. Copyright (C) Tuben. All rights reserved.
Any reproduction or use of the contents is prohibited.

当サイトの内容の無断複写・転用はお断りいたします。

単なる翻訳では満足できない方に
翻訳の臭いのしない翻訳が欲しい方に
英文ライティングを求めている方に
本気でメッセージを伝えたい方に
スマートな英語表現が欲しい方に
翻訳を超えた「クリエイティブ翻訳」


日本語と英語――それはまったく異なる言語です。その言語間の橋渡しをするのが「翻訳」です。そうして翻訳されたものは、文書として半永久的に残るものになります。じっくりと検証されることもあります。何度も読まれる可能性もあります。だからこそ、単なる「翻訳」を超える必要があるのです。

単なる翻訳では満足できない方に

単なる翻訳とは「ただ翻訳しただけ」の文章です。それに対して、単なる翻訳でない翻訳とは「翻訳と同時に作品」になっていることです。ところが、黙々と翻訳するだけでは「作品」としての仕上がりにはなりません。翻訳という工程を踏みながら同時に作品として仕上げていくテクニック――それが「通弁」のクリエイティブ翻訳です。

翻訳の臭いのしない翻訳が欲しい方に

「翻訳の臭い」を感じたことはありますか?いかにも「翻訳しました」というような表現、「バタ臭い」日本語、逆に「醤油臭い」英語、不自然で肩がこる文章。「臭い」の感じ方はいろいろかもしれませんが、文章に「鼻の利く人」ならちょっと避けたくなる、そんな「翻訳臭」の原因は何なのか?――翻訳の臭いのもとを探ってみましょう。

英文ライティングを求めている方に

「作文」と「ライティング」は違います。学校の授業で学ぶのは「英作文」ですが、プロの世界で必要なのは「英文ライティング」です。「翻訳」とは文章でのアウトプットになりますが、「翻訳」というプロセスを通っただけで「ライティング」のレベルになるとはかぎりません。――読むのが苦しい翻訳文では読んでもらえません。

本気でメッセージを伝えたい方に

「たかが翻訳、だれがやっても同じだろ」と言う人はコミュニケーションのことを本気で考えているとはいえません。本気で「伝えたい」と思っている人は、常に、「どう表現すればより効果的に伝えることができるか」を考えている人です。だから当然、翻訳についてもおろそかにできない――「翻訳」に問題意識を持っている人だと言えます。

スマートな英語表現が欲しい方に

ビジネスであれば「とにかく商品買ってください」と言いたいわけですが、それでは単なる「押し売り」ですね。もっとスマートな売り方とは納得して買ってもらうことで、そのための表現のアプローチは欠かせません。ただ単に翻訳しても、翻訳先言語でスマートでインパクトのある表現にはなりません。――クリエイティブにはクリエイティブな翻訳が必要なのです。

そんな思いがすべてかなう。――それが、「通弁」の翻訳を超えた「クリエイティブ翻訳」なのです。

CreativeTrans
(画像はイメージです。)


無料プレゼンテーション用パワーポイントテンプレート
デコレーション・キャッチフレーズ