もはやビジネスに国境はなく、そこにはいろんな異なる業界があるだけ。英語で自分のビジネスを紹介する、会社案内やカタログを英語で翻訳してみる、業界の動向を英語で深く語る―そんなとき欠かせないのが専門用語。ここでは、製造業関係の英語用語を集めています。






現在地→ | 英語雑貨屋トップ | 英語用語集/ビジネス英語用語集―製造業英語用語集 | 英語独学室 | 英語資料室 | 英語なんてタコ |
               

Last update December 19, 2018





 あ行  ―| あ―い | え―お |


               

日本語 英語 備考
 あ 
ISOあいえすおー International Organization for Standardization 国際標準化機構。国際間におけるモノやサービスの流通を円滑にするための品質保証規格を定めている民間組織。ISO9000シリーズは品質管理に関する国際規格。ISO14000シリーズは環境に関する国際規格。
後入先出あといれさきだ Last-in First-out (LIFO) 最後に入れたものを先に取り出すしくみ
後工程引取あとこうていひきとり pull system 生産システム内の後の工程が必要な時必要な物を前の工程に取りに行き、前の工程は後の工程に引き取られたものをその分だけ生産して補充しておくという方式。従来の押し出し方式の逆。
アプリケーション知識ベース application knowledge base  
RRPあーるあーるぴー Resource Requirement Planning (RRP) 資源所要量計画。
RCCPあーるしーしーぴー Rough Cut Capacity Planning (RRP) ラフカット生産能力計画。
 い 
ERPいーあーるぴー Enterprise Resource Planning (ERP) 企業資源計画。企業全体を経営資源の有効活用の観点から統合的に管理、経営の効率化をはかるための手法・概念。
EEいーいー Equipment Engineering (EE) 工場内外の装置の有効稼働率の改善や性能維持および向上をめざして行う一連の業務。
EESいーいーえす Equipment Engineering System (EES) EE業務をおこなうためのシステム。
EECいーいーしー Equipment Engineering Capability (EEC) EE業務において必要とされるファクターで、ライン能力の維持・向上、装置の状態モニターおよびトラブルシューティング、装置の性能改善、また、そういった取り組みにおける装置サプライヤとのコラボレーションなどが含まれる。
EMSいーえむえす Electronics Manufacturing Service (EMS) メーカの企画した製品の生産を丸ごと引き受けるビジネスモデル。OEMと似ているが、OEMが自社の商品を他メーカのブランドで提供するのに対して、EMSは他社の製品を委託されて生産するという点。受注範囲も、部品調達から設計・試作、生産、検査、配送、修理まで含まれ、協力会社のように、委託される会社は相手先会社の下請け(垂直関係)とはならず、水平分業の関係になる。
ECOsいーしーおーず ECOs (Engineering Change Orders) 設計変更要求
EDIいーでぃーあい Electronic Data Interchange (EDI) 伝票など取引に必要な書類をコンピュータにより電子データ交換すること。 EDIにより製造メーカと流通業のリアルタイムな情報交換が可能となる。
ETSいーてぃーえす Engineer to Stock (ETS)  
ETOいーてぃーおー Engineer to Order (ETO)  
E-BOMいーぼむ Enginnering BOM 設計部品表
インテグラル型 fine-tuned (architectural) integration of (individual parts and processes); fine-tuned architecture of individual parts and processes integrated into an optimal whole →摺り合わせ型