Last update August 19, 2019



真剣に努力すれば必ず上達する!
「英語雑貨屋チャレンジ」ポータル

管理人 このポータルでは、「なんとか英語をマスターしたい」とか、「さらなる上のレベルをめざしたい」という人に役立つコンテンツを主に紹介しています。

内容的にも真剣さが要求されますので、日常英会話ができればいいとか、なんとなく英語をかじりたい、英語が通じればいいという方にはやや退屈かもしれません。このサイトには、軽いタッチのコンテンツもたくさんありますので、トップページに戻り、自分の求めているものにより近いポータルをご覧ください。

「なんとか英語を身につけたい」と真剣に努力している人も多いはずです。でも、「努力しているわりにはたいして上達していない」、「まったく効果がない」と感じている人もいるかもしれません。とはいえ、一日1つの単語を覚えれば、もうそれだけでも小さな「上達」であり、小さな上達が蓄積して大きな上達になるわけですが、要は、上達のプロセスが見えないところにそういった「失望感」が出てくるのだと思います。

あるいは、「こんなこともわからない(できない)なんて、自分の英語はまだまだだ」と自信をなくしてしまうこともあるかもしれません。もちろん、自分の英語は「ここが弱点だから、ここを強化したい」と冷静に判断している人もいるでしょう。

確かに、英語なんて「たかが言語」なんですが、ブロークンでもなんとなく通じればいいというのではなく、ゆくゆくは英語を使って何かをしたいというのであれば、やはり、学習の対象として目標を立て、習得していくことが必要になってきます。そういう意味では、ある程度掘り下げることが必要であり、いくら勉強しても「完ぺき」にならないのが「勉強」だと言えます。しかし、だからこそ生涯勉強であり、それがあるからこそ、勉強が楽しいわけですね。

私自身もそうやって、いくつものチャレンジをしながら「英語のプロ」として仕事をしてきました。だから、チャレンジを楽しめること――この精神があれば、きっと上達は不可能ではないのです。






 
 
日本にいながら英語をマスター英語独学室より) 英語圏に行かずして、日本で英語を身につけた管理人が自分の体験にもとづき、英語の独学に関するヒントや英語学習に関する考え方などを紹介したコーナーです。


 
 
映画・ドラマの英語表現英語独学室より) 英語の映画やドラマは必要不可欠な独学ツール。ストーリーもしっかり楽しみながら、どっぷり英語に浸かり、耳を澄ませて英語表現をマスターしましょう!


 
 
英文ライティングのヒント英語独学室より) 日常的な英文メールのやりとりだけでなく、きちんとした英語の文章が書けるようになりたいものです。HoweverBut の使い分けをはじめ、ライティングのトーンはフォーマルにするかインフォーマルなのかといった疑問など、押さえておきたいライティングのポイントやヒントを紹介しています。


 
 
英語の句読点英語独学室より) 英文で文章を書くときに無視できないのが正しい句読点の使い方。たかが「マル」や「点」などとあなどってはいけません。それ以外にも「コロン」や「セミコロン」の使い方など、きちんとした基本ルールは押さえておきましょう。


 
 
英語の発音英語独学室より) 必ずしも美しい発音でなくてもいいのですが、だからと言って通じなければ意味がありません。それぞれの音の出るしくみを理屈で理解するためのコーナーです。また、自分は発音は得意じゃないが、とりあえずカンタンなポイントだけ押さえたいという人はこちらをチェック→「英語なんてタコ――発音なんてタコ」。


 
 
英語の「l」と「r」を聴き分ける英語独学室より) かつて、仕事で「配線」関連の話になったとき、leadread を聴き間違えた管理人が、その経験の「リベンジ」の意味もこめて構築したコーナーです。「l」と「r」の聴き分けテストもそろっています。耳を慣らし、感覚を維持するためにも音の違いを毎日聴くと効果的です。


 
 
ポポリンの観光英語英語資料室より) 手振り身振りでもいいので、あなたのまわりにいる英語圏の人や海外からのお客さんの観光ガイドを引き受けてみるのも1つのチャレンジです。完ぺきにできなくても大丈夫です。実物を見てもらうだけでも立派な観光です。


 
 
英語なんてタコ 英語がさっぱりできないけどなんとか少しでもできるようにならないかなとか、苦手だけど、簡単なところからチャレンジして本格的に英語を勉強したいという人はまずこのコーナーから始めてみましょう。