「通弁」クリエイティブ翻訳
Copyright (C) Tuben. All rights reserved. Any reproduction or use of the contents is prohibited. 当サイトの内容の無断複写・転用はお断りいたします。
省略する日本語と省略できない英語

ここでは、日本語の短く、省略された言語表現の特徴について触れてみたいと思います。

俳句の世界での省略

前のページでも述べましたが、日本人は、その歴史的背景、国民性により、長い年月をかけて、言葉に頼らないノン・バーバルな意志伝達の手法を確立させてきました。むやみに言葉を使わず、ギリギリまで切り詰めて表現したり、心地よい真綿にくるんだようなおぼろげな表現をすることで、その言外のメッセージを読み手や受け手に推察させるという手法は、情報の発信・受け手がともに同じ精神を共有する単一民族だからできることだと言えます。言い換えれば、本来、日本語の言語表現は、言葉を発する側だけでなく、受ける側も積極的に参加することが求められる絶妙な二人三脚の上に成り立っているのかもしれません。

言葉を節約するという精神が最もよく表れているのが「俳句」だと言えるでしょう。今では、この日本特有の芸術は、海外でも研究が進み、日本語以外の言語での創作活動も行われています。日本人なら誰でも知っている松尾芭蕉の有名な俳句に、

「古池や蛙飛び込む水の音」


という一句があります。これを、英語に翻訳するとどうなるかということですが、あのラフカディオ・ハーン(小泉八雲)は、

Old pond ― frogs jumped in ― sound of water
(Source: Hiroaki Sato's One Hundred Frogs)


と、実にシンプルにそのまま訳しています(ただし、「蛙」を複数で訳出)が、これは、俳句という文学作品であることを考えれば、これ以外(あるいはこのバリエーション以外)の訳は考えられないのですが、別の文学者である、カーティス・ヒドン・ページ(Curtis Hidden Page)は、以下のような訳をしています。

A lonely pond in age-old stillness sleeps . . .
Apart, unstirred by sound or motion . . . till
Suddenly into it a lithe frog leaps.
(Source: Hiroaki Sato's One Hundred Frogs)


つまり、「時の流れの静けさのなかで、池がぽつんとひとつ、眠っている(…)忘れ去られたかのように、水面は動かず、音もせず(…)そこへ、突然、一匹の蛙がぽんと飛び込む」といった情景描写をした表現になっています。俳句の翻訳において、ここまでの描写を入れることについては、是か非かの議論もありそうですが、日本語のフレーズを英語に翻訳する場合、往々にして、ある程度の「補い」をしなければ、(芸術ではなく)一般的にわかりやすい英語表現にならないのは事実です。俳句だけではなく、通常の文章ですら、日本語は知らず知らずのうちに、言葉を省略した言語表現になっているのではないかと思われます。そして、それが日本語として自然な文章であるわけです。ちなみに、最初の例の「―」もそうですが、「. . .」は、「古池や」の「や」であり、俳句における「切れ」(「間」)を表すとされています。

一般的な省略

実際に、企業から発信される情報などで、一般的によく使われそうな日本語表現を挙げてみましょう。前の文章とのつながりや脈絡で推測できるという前提で、言葉の省略という方法がよく使われています。赤字は省略されていると推察される言葉を表します。

こんな時に(お召し上がりください)
●のどを使いすぎた時(にお召し上がりください)
●のどをさわやかに(したいと思われる時にお召し上がりください)


これは、「のど飴」のパッケージに書かれてある情報です。まず、「こんな時に」という見出しですが、商品がキャンディーだということがわからなければ、こんな時に一体どうすればいいのかわかりません。もっとも、こんな時には「使わないでください」といった禁止事項の場合は、きちんと「しないでください」の内容が明記されるはずですから、「召し上がる」以外の他には考えられないのですが、このまま英語にして "When you ..." や "In the following occasions" などで済ましてしまうわけにはいきません。ここは、きちんと、何をするのかという動詞を補る、あるいは、全く別の観点から発想した見出しをつけるなどの工夫が必要です。

次の例を見てみましょう。

(袋の)開封後は(中身の)品質保持のため、(袋のチャックを)端から(反対側の端まで)軽く押さえて(密閉して)ください。

Preserve the freshness by lightly pressing the zipper seal after opening the bag.


チャック付きの袋で、開封後は、このチャックを押さえることによって密閉するようにという注意書きです。たいていは、チャックのすぐ下などに印刷されるため、場合によっては、上の赤字ほどの情報を補う必要はないかもしれませんが、それでも、袋の何を押さえるのか、押さえてどうするのか(あるいは、どうなるのか)、といった情報は補う必要があると思われます。

その他、日本語では省略されている部分が気にならない(気づかない)のですが、英語化する際に情報を補う必要がある場合もあります。たとえば、会社案内などでよく出てくる「21世紀の人と社会に貢献」といったフレーズですが、英語的な発想をすると、いきなり「人間や社会」に貢献というよりも、人間や社会の何に貢献するのかを補う必要があります。また、「海外企業の参入など、厳しい状況にあって」といったフレーズでは、海外企業の参入だけでは、次に来る「厳しい状況」には直接つながらないため、「海外企業の参入(による競争の激化)」など、括弧内のようなフレーズを挿入することで、より英語らしい文章になります。

逆に、英語から日本語への翻訳ライティングでは、日本語から英語の場合に補ったり、挿入したりする部分をそぎ落としていくことで、より日本語らしい表現になります。もちろん、これは、情報として必要な部分を勝手に削除したり、追加したりするというのではなく、あくまでも、言語的・文化的に表現しないだろうと思われる部分、逆に表現するだろうと思われる部分に対する処理であり、制作物の種類や用途によっても異なります。また、そういった処理を行うには、商品や業界の知識があるという前提になります。

イントロダクション
「翻訳」に問題意識をお持ちの方へ
不満の残る翻訳、その原因は?
通じないかもしれない翻訳例
違和感のある翻訳例
直訳の定義と弊害
原文に忠実とは?
クリエイティブ翻訳とは?
クリエイティブ翻訳の特長
クリエイティブ翻訳のプロセス
さまざまな制作物のクリエイティブ翻訳
英文の会社案内を作りたい
英文のカタログを作りたい
英文マニュアルを作りたい
英文情報誌を作りたい
英語のビデオを作りたい
英文の広告を作りたい
日本語と英語の違いとは?
あいまいな日本語と明確をめざす英語
省略する日本語と省略できない英語
英語は「する」文化、日本語は「なる」文化
論理的な英語と理屈の日本語表現
日本語の「起承転結」と英語の「序・本・結」
お問い合わせ・ご注文
「通弁」クリエイティブ翻訳ワークショップ
代表的なクリエイティブ翻訳実績
料金と納期について
チーフ・クリエイティブ翻訳ライターについて
「通弁」クリエイティブ翻訳 コラム
悩み多き翻訳文
クリエイティブ業界とは?
クリエイティブにはクリエイティブを
ビジネスにおける翻訳ライティングの影響
なぜ翻訳臭くなるのか?
日本語はどこがあいまいなのか?
日本語には主語がない?
自由自在の日本語表現
英語の起承転結・ロジック展開とは?
読むのが苦しい翻訳ライティング
良い翻訳のための良い原文とは
外国語が話せれば翻訳ができるのか?
ネイティブがやれば良い翻訳なのか?
翻訳の適正な料金とは?
「通弁」アーティスト
クリエイティブ翻訳実験室
クリエイティブ・バイリンガル・ライターズ
「通弁」クリエイティブ翻訳ブログ  海外ドラマブログ
rondely.com
eToko-Japan:英語で日本紹介
英語情報雑貨屋
さらでスペイン語