「通弁」クリエイティブ翻訳

Copyright (C) Tuben. All rights reserved. Any reproduction or use of the contents is prohibited. 当サイトの内容の無断複写・転用はお断りいたします。
「通弁」クリエイティブ翻訳

Since 2006. Last update November 21, 2018. Copyright (C) Tuben. All rights reserved.
Any reproduction or use of the contents is prohibited.

当サイトの内容の無断複写・転用はお断りいたします。

日本語と英語の違いとは?

ここでは、自然な文章を作成するために押さえておきたい日本語と英語の違いについて掘り下げてみたいと思います。

日本語はまろやかに英語は鋭敏に

それぞれの言語の持つ基本的な特徴として、日本語はあいまいさが心地よく、英語は明確さにすがすがしさを感じると言えます。逆に言えば、快いあいまいさのない和文にはくどさを感じ、明瞭さのない英文はコートの上から背中を掻くようなもどかしさを感じさせてしまいます。つまり、翻訳臭さや文章の不自然さは、そういった「違和感」が原因となっている場合が多いのです。

言語としての違い

言語学上の分類では、英語は「インド・ヨーロッパ語族」に属しているのに対して、日本語は「ウラル・アルタイ語族」に属していると言われます(どこにも属さない独自の言語「ジャポニック」 (Japonic) であるという説もあります)。こういった「語族」とは、文法の構造、語形、音声、語彙などによって分類されたカテゴリーであり、なかでも、翻訳の場合、文法の構造という点が重要になってきます。

文法の構造という視点からみると、日本語は「膠着語こうちゃくご(agglutinative language) という分類に入ります。簡単に言えば、「にかわ」という文字からもわかるように、「接着する」という意味があります。つまり、「てにをは」などの「助詞」を使って、単語をくっつけることによって表現するというわけです。膠着語には日本語の他に、朝鮮語、ウイグル語、トルコ語、モンゴル語などがあげられます。

それに対して、英語は「屈折語」に分類されます。「屈折語」とは、主体が複数であるか、男性形・女性形であるかなどによって動詞や形容詞などの語尾が変化する言語を言います。ただし、長い歴史的な変遷の中に、「屈折語」としての特徴がどんどん弱まり、現代では3人称単数現在形の動詞 (-s) くらいにしかその特徴が残っていないため、中国語などと同様に、単語を並べる語順で表現する「孤立語こりつご」あるいは分析的言語 (analytic language) だという考え方もあります。こういった言語学的分類は明確に確立されたものではありませんが、いずれにしろ、日本語と英語にはかなりの差異があるということは明らかです。

発想・心情面での違い

民族性や文化面での影響もありますが、日本語が「あいまい」なのは、ものごとをはっきり言うとカドが立つというのか、そういう意味では、高度な婉曲えんきょく表現が発達している言語だとも言えるでしょう。また、「あいまいさ」と並んで、和歌や俳句に見られるような「簡略表現」も特徴と言えます。

こういった特徴は、外部からの侵略がほとんどなく、単一民族のまま存在し続けることを許されてきたという歴史的背景があったからかもしれません。ぼかした表現や略した表現をしても、お互いの気遣いでわかり合えるという背景があったからです。こういった日本語表現のあいまいさは、外国人にとっては非常に理解しづらい点でもあり、コミュニケーションにおける弊害になることもあるようです。

一方、いまや国際語となった「英語」。もとは現在のイギリスに移り住むようになったゲルマン民族の一派アングル人 (Angles) の言語だったことがイングリッシュという名前の由来です。その後も他民族の侵入、征服を受け変化を遂げてきました。とくに、フランス人によってノルマンディーを征服されたことで、実におびただしい数のフランス語が借用され、若干のニュアンスの違いを持たせながら、英語固有の用語とともに共存しています。詳しくは、姉妹サイト「英語雑貨屋」の「英語の歴史」をご覧ください。

このように、征服や侵略を全く経験せず、のびのびと育ってきた日本語と、まさに切磋琢磨せっさたくまして形成されてきた英語はその背景からして対照的であり、ここに「あいまい、ぼんやり」と「論理的、明確」といったふたつの言語の特性の違いがあると思われます。

ロジックの違い

上でも述べたように、英語が使用されてきたヨーロッパは、常に異民族との接触が行われ、外部からの侵略や攻撃の危機にさらされていました。その中で、異民族とのコミュニケーションには、まさに生死にかかわる問題であったに違いありません。そこには、日本人のように「ツーと言えばカーと言う」といった言語を超えたコミュニケーションを確立する余裕はありません。

はじめに「言葉ありき」で、コミュニケーションには、「言語」(多少のボディー・ランゲージはあるとしても)以外にはないわけです。相手を説得させる技術、そして、伝えたいことを明確に理解しあうため、お互いの共通の土俵として「論理的に話す」ということが必要になってきたのだと思われます。その論理(ロジック)というものも、自分たちだけで通用する独自のものではなく、今で言うところの「グローバル・スタンダード」のような論理が形成されていったのではないかと思われます。

それとは対照的に、単一民族であり、意志が通じ合える日本人には、共通のロジックなどというものを発達させる必要性も低かったのではないかと思われます。もちろん、歴史的な文書などにも「議論のやりとり」が記録されていたりしますが、欧米の論理のような確立されたロジックはありません。立場が上の人物の言うことが正しい、先例があれば説得できる、極端な場合、声のいちばん大きなものが議論に勝つといった、その場の状況に合わせて変化する「自在変化な理屈」とでも言ったほうがより適切かもしれません。

以上のようなことから、当然、日英間の翻訳に関しても「単語単位」や「センテンス単位」での翻訳があまり意味をなさないということがわかります。