「通弁」クリエイティブ翻訳

Copyright (C) Tuben. All rights reserved. Any reproduction or use of the contents is prohibited. 当サイトの内容の無断複写・転用はお断りいたします。
「通弁」クリエイティブ翻訳

Since 2006. Last update November 21, 2018. Copyright (C) Tuben. All rights reserved.
Any reproduction or use of the contents is prohibited.

当サイトの内容の無断複写・転用はお断りいたします。

日本語の「起承転結」と英語の「序・本・結」

ここでは、日英の段落展開について考えてみたいと思います。

論理的な流れ

翻訳されたものをひとつの「ライティング作品」として完成させるには、文章の論理性だけでなく、その文書全体で論理的な流れを作っていくことが必要です。

日本語では、物語などを書くときによく言われる「起承転結」という考え方があります。元来、漢詩を作るときに使われた手法で、これをこのまま企業のメッセージや科学的な内容のものに転用することは無理があると思いますが、「開始、発展、結論」という基本的な流れはさほど変わりません。

それに対して、英語には Introduction - Body - Conclusion という流れがあります。一見したところでは、英語も日本語も同じような文書構造を取るように思えますが、実は微妙に異なります。

そもそも、日本語の「起(開始)」の部分では結論が述べられていないことが多いのです。というのも、「起」とは結論を述べるためのものではないからです。日本語では最後に結論が来るわけで、最初は一般的な入りやすいところから入り、期待を高めて、最後で結論を言って盛り上げるという流れになります。

ところが、英語の「イントロ(導入部)」は読者の注意を向けさせると同時に、何を語ろうとしているのか(結論)を知らせる意図があり、次に、「ボディー(本文)」が来て、その中で自分の考えを展開させていきます。そして、最後に「結び」で締めくくります。

また、これらのパーツをさらに細かく分けたのがパラグラフ(段落)です。英語のパラグラフは、1つのパラグラフで説明するトピックは1つのみで、話題が変われば新しい段落を設けます。

パラグラフの構造も日本語とは大きく異なり、トピックセンテンスという短い文章で始まります。この文章は、このパラグラフで何を語るかということを要約して述べる役割を果たし、その後にそれを説明する文章が続き、最後に締めくくりの文章が来るというルールがあります。

また、前後のパラグラフも最後の結論にいたるまでの階段の一段のような機能を果たし、論理の飛躍なしに一歩ずつ登っていくというのが理想的です。

段落分けの違い

下の図は、日本語と英語におけるパラグラフの考え方を図解したものです。すべての文書がこの図のような構造をしているということではありませんが、日英の代表的な構造パターンを表しています。

日英パラグラフの比較

それぞれのパラグラフの関連性が密接で、意味を持った段落分けになっている英語のパラグラフに対して、日本語では、どうも「1個の文章の塊り」くらいにとらえているような傾向もあります。英語のようなトピックセンテンスもありません。

長くなったからここら辺でパラグラフを変えておこうというのか、1つの段落が長すぎないように、内容に合わせて適当に区切っているという考え方が一般的です。また、同一パラグラフのなかに別々の情報を混在させることもあります。

たとえば、「研究開発」というタイトルのページで、研究所の紹介や共同開発について語られているなかに、余白を活用しようという意図があるのか、突然、「研究所スタッフのための福利厚生施設」の説明などが入ったりする場合があります。

日本語の理屈で行くと、「研究開発に関係することなのだから同じ場所で語ってもおかしくない」と言えるかもしれませんが、英語的には、情報の焦点が明確に定まりません。

翻訳ライティングにおいては、こういった日英間の論理的な流れや段落分けにも留意しながら、文章を作成していくことがポイントです。