「通弁」クリエイティブ翻訳実験室
「通弁」クリエイティブ翻訳実験室

「表現の研究開発」の取り組みを「クリエイティブ翻訳実験」としてご紹介。
カタイことは抜きにして、遊び心でお付き合いください。


 演歌の一節を訳してみる >> 「着てはもらえぬセーターを…」

「着てはもらえぬセーターを寒さこらえて編んでます。」

日本語というのは、割り切れない不条理な言語なのかもしれません。「みれん」とか「どうせ、私のことなんか…」、あるいは、「しょせん、しがない物書き稼業」など、「だから何なんですか?はっきりしてください」と言いたくなるような言い回しが多いのも事実です。こういった言葉というのは、その心の奥底に、「いやいや、そんなことはないよ」、「何を言うんだ、キミは!」など、誰かに言って欲しい、叱って欲しいという日本人特有の「甘え」の心理が見え隠れしているような気がします。

文化論はさておき、こういった不条理な「甘え」の心理がよく現れているのが演歌。その代表格と言えるのがこのフレーズではないかと勝手に思っているわけですが、着てもらえないとわかっているならなぜ編むのか?、そんなに寒いなら無理しなくてもいいだろうに、暖房はないのか?などといった疑問をぶつけていては、演歌特有の「みれん」や「物悲しさ」は表現できません。言うまでも無く、英語で完全に表現しきることは不可能でしょう。しかし、そこをいろいろ試行錯誤してみるのが「実験室」というわけです。

説明表現型
"I'm knitting a sweater in the cold. I don't know if you like it, but I really hope you would try it on."

前向きな性格の人向けの表現で、伝えたいメッセージとしては、こういう内容になるでしょう。「着てはもらえぬ」と言いながら、実は「着て欲しい」という思いが隠されていると見るのが妥当で(でなければ、最初から編まない、あるいは、こういったことを言わない?)、その辺を素直に表現しています。もっとも、そんなに前向きに、素直な表現ができるのであれば、演歌の歌詞にはならないかもしれません。

ちなみに、もっと「嘆き」感を表現してみると、次のような文章も考えられます。

積極表現型
"I know my handmade sweater means nothing to you. But I can't stop knitting it, because only this relieves me, even for a moment, from cold loneliness."

ウェットな「みれん」感もかなり表現されて来たと思いますが、実際には言及されていない言外の部分を表現しています。つまり、「着てはもらえぬ」というのは、サイズが大きすぎる(あるいは小さすぎる)から着られないとか、デザインや色使いが派手で、ちょっと着るのがはばかられるというのではなく、こんなのもらっても困るんだが(別に欲しくはない)という意味が込められていると考えられます。

また、「寒さ」というのも、天候が寒い、気温が低いというだけではなく、心の寒さも表現しようとしていると思われます。さすがに、夏の浴衣を暑さこらえて縫ってますというのでは、努力的には同じかもしれませんが、演歌の世界ではやや無理があると言えるでしょう。

また、せっかく、「歌」なんだからということで、思い切ってアレンジすると、以下のような文章も可能です。

飛躍実験型
"Maybe, baby, you don't like it, oh, oh (It's so cold...)
Will you try it on even once? (It's so cold...)
A handmade sweater I'm working on. (It's so cold... without you... Oohooh...)"


ちょっと行き過ぎの感もありますが、言いたいことは同じです。なんとなく歌詞風にしたつもりですが、実際のメロディーでは歌えないでしょう。( )内はコーラス部分に相当するでしょう。また「寒い」ということを括弧内に何度も入れることで、とにかく寒い→我慢しているという思いを出しました。ただ日本的なしっとりした「みれん」感がやや不在です。

 Since March 2006. Last update November 15, 2018. Copyright (C) Tuben. All rights reserved.