「通弁」クリエイティブ翻訳

Copyright (C) Tuben. All rights reserved. Any reproduction or use of the contents is prohibited. 当サイトの内容の無断複写・転用はお断りいたします。
「通弁」クリエイティブ翻訳

Since 2006. Last update November 15, 2018. Copyright (C) Tuben. All rights reserved.
Any reproduction or use of the contents is prohibited.

当サイトの内容の無断複写・転用はお断りいたします。

原文に忠実とは?

直訳は忠実か?

直訳の定義と弊害でもみてきましたが、原文と翻訳が一字一句、「1対1」で対応しているとしたら、その翻訳は果たして原文に忠実と言えるでしょうか。

確かに、文章の構造や順序などは原文のものをそのまま再現しているので、形という見た目では忠実と言えるでしょう。原文の文章構造を忠実に再現しているということです。

しかし、翻訳ライティングとは、「文章構造」を翻訳するのではなく「そこに書かれた情報やメッセージ」を別の言語で伝えることです。よって、メッセージの「入れもの」だけを一字一句忠実に訳しただけでは、原文の本当の「意味」や「メッセージ」を忠実に伝えているとは言えません。

そもそも、日本語と英語のように文章の構造や発想が大きく異なる両言語間で、ワードやセンテンスごとに逐一対応するというのがおかしいのです。対応している場合、どこかで自然な文章の流れを無視しているか、その言語において不自然な表現になっているかもしれません。

不自然な表現になっているといれば、当然読みにくくわかりにくいものになっているわけです。つまり、「直訳」では原文の「真意」が伝わるどころか、原文の内容が直接伝わらない、持って回った言い方になる可能性があるのです。

原文の真意に忠実であること

では、細かい一字一句は無視して翻訳をするのかというと、それも違います。その一字一句には、原作者の意図するところが表れているわけですから、決しておろそかにすることはできません。句読点も含めて、細かく読み込み、ニュアンスをつかもうとするところから始めます。しかし、それは決して、一字一句をそのままダイレクトに訳出するということではありません。

英語も日本語もそれぞれ独自の言い回しがあり、表現法も異なるわけですから、それを一字一句対応させて処理しても意味がないのです。それは、表面的な技巧にしか過ぎません。

むしろ、そういった言葉尻に捉われすぎると本質を逃してしまうことになり、原作者の意思を大切にするどころか、「きちんと伝える」という本来の目的すら達することができないことになってしまいます。

よって、文章の一字一句を訳出するのではなく、むしろ原作者がそれらの一字一句によって表現しようとしている情報やメッセージに焦点を当てるのです。そうすることで、翻訳先の言語において、より自然で読みやすく、直接訴える文章表現が可能になるわけです。

ざっくりかつじっくり、大胆かつ慎重に

では、細かいところは無視しておおざっぱに翻訳するのか――という疑問がわいてくるかもしれませんが、それは違います。

脈絡に照らし合わせながらざっくりとポイントをつかみ(トップダウン)、じっくりディテールを読みこみます(ボトムアップ)。より効果的な文章をめざして大胆に表現しながら慎重に検証するのです。この「トップダウン」と「ボトムアップ」のバランスが非常に大事なのです。経験や感性による「さじ加減」とも言えるでしょう。

翻訳ライティングの用途やねらい、クライアントさんのニーズなど、さまざまなパラメータに応じて、その「さじ加減」を調整しながら、本当に伝えたいことを読みやすく効果的に表現するのが「通弁」のクリエイティブ翻訳ライティングです。


(画像はイメージです。)