Things About Japan image

日本にほんあじたのしむ

日本にほん食べ物た もの

桜餅さくらもち





Last update June 26, 2022

Back   Next  


Sakura Mochi  さくらもち, 桜餅

桜の葉さくら はつつんだ餅菓子もちがし

そのむかし満開まんかいさくらしたすわって、そのはかなげなピンクいろかおりをかんじながら、るだけでは物足ものたりない、においだけではたよりないという人々ひとびとの、いっそのことべてしまいたいというおもいにこたえたのが「桜餅さくらもち」だったのかもしれません。「べる」という行為こうい同化どうかすることでもあり、さくらは、日本人にほんじんにとってはそれほど執着心しゅうちゃくしん思い入おも いれのつよはななのです。はる和菓子わがし定番ていばんである桜餅さくらもち起源きげん江戸時代えどじだい(1603~1867)にさかのぼり、おおきくけて、それぞれ関東かんとう関西かんさいをルーツとする「長命寺ちょうめいじ」と「道明寺どうみょうじ」という2つの種類しゅるいがあります。前者ぜんしゃは、二つ折ふた おりやロールじょうになったものをい、後者こうしゃは、まるいボールじょうかたちをしており、いずれもなかあんれ、塩漬しおづけにした桜の葉さくら はもち包み込つつ こんでいます。このべることができますので、ぜひあまもち塩辛しおからっぱの絶妙ぜつみょうなメロディーをあじわってみてください。
(写真しゃしん

japanese-food-sakura-mochi
関西かんさい桜餅さくらもち
japanese-food-sakura-mochi
関西かんさい桜餅さくらもち
japanese-food-sakura-mochi
関西かんさい桜餅さくらもち。)

japanese-food-sakura-mochi
関西かんさい桜餅さくらもち。)

リストにもど

Back   Next