サバイバー: 宿命の大統領 (Designated Survivor)

かつて『24(トウェンティ・フォー)』(Twenty Four) で一世を風靡したジャック・バウアー (Jack Bauer) が大統領に?—というのではなく、ジャックでおなじみのキーファー・サザーランド (Kiefer Sutherland) が演ずるトム・カークマン (Tom Kirkman) の話である。

Netflix でそれまで観ていた『ブラックリスト』(The Blacklist) に代わって観始めたドラマがこれであるが、簡単に出だしを紹介しておく。

ある日のこと、なんと、アメリカ合衆国議会議事堂 (the United States Capitol) が爆破され、現職 (incumbent) の大統領や副大統領を含むすべての要人が犠牲になる。いわばアメリカ政府がごっそり逝ってしまったことになり、とんでもない話である。

しかしそこはアメリカである。手のつけようのない妻に手をこまねいている総理や、文句はつけるが、実際に政権を握っても何もできない野党しかいない日本とはわけが違う。災害やテロなどで政府が職務執行不能になったときのための緊急対策として、大統領の指定生存者 (designated survivor) が準備されているのだ。そして、その指定後継者として急きょ大統領になったのがトム・カークマン というわけである。

さて、さっそく大統領になったトムが、ジャック・バウワーのように勇敢にテロに立ち向かい大活躍!—と言いたいところだが、どっこい、今回のキーファーは強くない。それどころか、「おい、冗談だろ?あんなヤツに大統領は務まらんだろ」と言われるほどの「さえない男」なのである。まさに青天の霹靂で大統領にされてしまったが、「どうすればいいんだ?オレには無理だ…」と自信もなく、メンバーたちがさかんに議論を戦わせている 緊急会議においても、最初は、大統領:「あの… すいません」、メンバーたち:無視(喧々諤々で聞こえない)といった感じでなんともふがいない。

さらに、裏では「国を守るためにクーデターを起こそう」といった陰謀めいた空気や「辞退したほうが身のためだぞ」といった脅しや嫌がらせなどもあり、おとなしく身を引くというのも確かに選択肢である。現実の世界なら、確かにそういう人物に務まるほど大統領という役職は甘くない。しかし、 それではドラマにならないわけで、なおかつ、俳優もキーファーでなくてもいいわけだ。ともあれ、今後どう落とし前をつけてくれるのか楽しみである。

ということで、これはドラマの正式トレイラー (official trailer) である。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です