迷水探訪

仏隆寺への道中、榛原駅からすぐのR369沿いにこんなのが。

弘法太師の石清水
弘法様もいらっしゃる

数ある弘法太師(空海)が開いたとされる水場の中で、此処は一番由緒が正しい。(他が疑わしいという意味ではない)仏隆寺のお墨付き。

由緒書

水質検査報告書まである。

一回100円と有料だが、かえって水質に安心感がある。

旅の方用の水場(無料)

さすがは弘法様、お気遣い痛み入ります。

迷水探訪 

勝竜寺城の本丸内と沼田丸跡の公園に水場がある。

本丸内の水場
沼田丸の水場。こちらも「ガラシャおもかげの水」
水場横の沼田丸の井戸跡

沼田丸跡には駐車場もあり、ご近所さんの水汲みで結構繁盛している。

生水ですので自己責任でお願いします。

迷水探訪

滝畑の登山口から20分ほどの所に水場発見。

岩から染み出している

ペットボトルを満たすには、ちょっと時間が掛かかったがありがたーくいただいた。

生水ですので自己責任でお願いします。

迷水探訪

京都北山の鷹峯から京見峠を越えて杉坂川沿いに「杉坂の船水」がある。

杉坂の船水

京都市内からは車でくねくね道を30分ほど走らなければならない。それでも結構常連さんが多く繁盛している。手前のポリタンク3本は常連さんのもので、先に汲ませてもらった。

常にこれくらいの水量が湧き出している。京都で一番おいしい水との評価もあるし、一杯いかが?生水ですので自己責任でお願いします。

迷水探訪

白滝山の「三の滝」近くに水場見っけ。

覺照水 黄色の柱には「三の滝水広場」

ちょっと見にくいけど、かなりの水量が岩から染み出している。飲んでみると冷やっこくてうまい。生水ですので自己責任でお願いします。

迷水探訪

ポンポン山の登山口の一つ大沢登山口。そこから10分ほど歩いた左手に、水が湧いている。

名前はついていない、いわゆるお助け水

結構な水量で、絶えず湧き出ている。筆者は当然そのまま飲んでみたが、雑味のない美味しい水。生水ですので自己責任でお願いします。

迷水探訪

百合ケ岳登山口の手前500m位の所に知る人ぞ知る銘水がある。

これが銘水

コンクリートからのただの水抜き穴のようだが、地元の方が車でわざわざ汲みにくる。山全体が石灰質なので、美味しい水が湧いているそうな。生水ですので自己責任でお願いします。

迷水探訪 

長梅雨でなかなかチャリん歩に行けなかった。曇ってるけど雨は持ちそう。よし、嵐山に行ってみよう。

湿度が高くて靄ってる
渡月橋も靄々

帰路、松尾大社の南にある月読大社に寄って名水を探訪。

立派な鳥居
本殿

これが「解穢の水」

解穢の水 枯れてるし 飲用不可

ええーー!水出てないやん。出てても飲用不可。残念! 

まあ、迷水探訪やからこんなこともあるでしょ。でも此処にはこんなのが。

月延石
むすびの木 なるほど

残念ながら水は枯れていたがなかなか渋いお社だった。

迷水探訪

柳谷の観音様と言えば

独鈷水

独鈷は仏具の一つで普通は「どっこ」または「とっこ」と呼ばれている。でもここでは「おこうずい」。眼病に効くとされ人気がある。

水汲み場
弘法大師が祀られている

弘法大師と言えば、東寺や高野山を開かれたとえば方だが、いろんなところに出没なさっており、これから当ブログにも度々ご登場いただくことになると思われる。