梅は咲いたか? 城南宮(じょうなんぐう)(前編)

京都南インターチェンジのすぐ近く、秋の「曲水の宴」で有名な城南宮。春は、「しだれ梅と椿まつり」。かみさんと二人ででかけてみた。

庭園に足を踏み入れた途端、「ほ~~~」

ピンクの絨毯
梅に鶯ならぬメジロが蜜を吸いにきている

外人が、思わず「AMAJING!」と叫ぶ。このゴージャス感は下手な写真ではなかなか伝わへんやろな~。

中編に続く。

植物図鑑

この時期山歩でよく見かけるこんな花。

アセビ(馬酔木) 
これはピンク

以上ピンクでした。

以下、山歩で見かけるのが圧倒的に多い白

白もいいよね

こういう釣鐘系の奴は風で揺れて撮りにくいんよね。そうそう、思い出したけどアセビって毒があるそうな。馬が食べちゃって毒でフラフラになったんでついた名前が馬酔木なんやて。

植物図鑑

椿との区別がなかなかつかない山茶花。ま、ええ加減な筆者は「どっちゃでもええやん」という派。

花びらが散ってるし多分「山茶花」
咲きかけ
咲いた!
ドアップ

椿と山茶花。どちらもツバキ科ツバキ属だそうで、さらに交配種もあるというからややこしい。ま、奇麗やったらええか。

迷水探訪

伏見の銘水の一つ「白菊水(しらぎくすい)」。「鳥せい本店」の脇にあるんやけど、現在コロナ対策で給水中止。

白菊水
お知らせ

給水が戻ってから載せようと思ってたんやけど、なかなか解除にならへんしご紹介。

由緒書
2年前はこんなやった

早く解除になってほしいな。

植物図鑑

お寺をめぐっていると、この時期見かける黄色いやつ。

山茱萸(さんしゅゆ)

春やねー。花やら野草やらの種類が増えてきて植物図鑑と食物図鑑で大忙しやわ。

梅は咲いたか

長岡天神の梅園は咲いたか?

白梅が満開
もう一丁

前回は満開だった紅梅は散りかけてた。

さて梅園は?咲いてる品種をご紹介。

カゴシマコウバイ
カゴシマコウバイ
ヤエノカンコウバイ
ヤエノカンコウバイ
シダレウメ
シダレウメ
シダレウメ

さて次は

ユウコウバイ

最後に

オオシュクバイ
オオシュクバイ
オオシュクバイ

これからの木もいっぱい。花が開いたらまた載せますんでこうご期待。

釈迦岳(しゃかだけ)山歩 (後編)

ヤケ岳からいったん下って、ヤケオ山への急坂を登っていく。高度が上がるにつれて景色が変ってくる。

この角度を登る

足元はズルズルで足の置き場を探りながら一歩一歩。

ヤケオ山から釈迦岳方面
ええ景色なんやけど写真やとチョットねえ
釈迦岳までもう少し 
釈迦岳山頂 1060m

雪が結構残ってたけど、アイゼンはいらんかった。展望が無いので暫く休んで下山。

下山時に撮った北の山々

ピークを3つも越える結構ハードな山歩やった。明日、足パンパンやろな。

釈迦岳(しゃかだけ)山歩 (前編)

釈迦と名の付く山は日本中に五万とある。西山にも釈迦岳があるし、大峰には釈迦ケ岳がある。で、今日の山歩は比良山系の釈迦岳。R161を湖西線北小松駅で左折。比良げんき村近くの駐車スペースに停める。

登山口

登山口から10分でこんなもんが

楊梅の滝(ようばいのたき)雄滝 落差40m
一段下から ええ滝や

雌滝への道は崖崩れで通行止め。残念。

琵琶湖の夜明け
琵琶湖の日の出
こんな道登って

こんな道も登って

ヤケ山に到着
ヤケ山から見上げたヤケオ山 釈迦岳はまだ見えない

釈迦岳まではまだまだ遠い。続きは後編で。

西山うぉっちんぐ

西山エリア(向日市・長岡京市・大山崎町エリア)は以前、乙訓郡と呼ばれていて、筆者の通った中学校の乙訓中学という校名やった。長岡と向日が市になって、今乙訓郡と呼ばれるのは大山崎町だけになってしもた。

大慈山乙訓寺

乙訓を名乗るお寺が此処、乙訓寺。

修行太師の像

弘法太師(空海)が開いたとされる乙訓地方最古の寺だそうな。昔は広大な敷地のお寺やったんやて。

地蔵堂 壁には大きなワラジがぶら下がっている
絵馬もワラジ 修行中のイメージ?
本堂
由緒書

近年は、ボタン(牡丹)の寺として知られている。

参道の両側は牡丹園 お寺の半分くらいは牡丹園になってる
今はまだこんな感じ 4月中旬から5月初旬が見頃

昨年はコロナ禍で公開中止やった。今年は牡丹の写真が掲載出来たらええんやけど。

植物図鑑 椿すぺしゃる(後編)

次はこんなの

マーブル模様
蕾もマーブル

次はクシュクシュタイプ

ほらね!クシュクシュでしょ
なかなか綺麗な花が見つからない
蕾もクシュクシュ

最後にこんなの

この椿どこがすごいかというと・・・でかい!
大人の手ほどの大きさ
雄蕊は茶筅みたい

まだまだいろんな品種があるやろけど、今年は此処まで。