吉野山(よしのやま)山歩 前編

今年の9月で65歳しなる筆者。今年度が嘱託契約の最終年。これまで溜まっていた年休が55日あるんやけど、「全部消化してんか」ということでこれから週一で年休消化することになった。

第一弾は、桜にはチョット遅いのは判っていたけど吉野山にお出かけ。

宮瀧から象の小川(きさのおがわ)を遡るコースを山歩。駐車場から10分ほどで高滝。

高滝 落差約15m

高滝から30分で上千本に到着。

金剛山(左)と大和葛城山
吉野分水神社(よしのみずくまりじんじゃ)

次の見どころは吉野分水神社。古色蒼然とした三連の本殿に圧倒される。

何かいいっしょ。

水分神社横の祠に役行者像

さらに登って奥千本。

金峰神社(きんぷじんじゃ)

此処の休憩所にも

役行者像

ここから大峰奥駆道に入っていく。

この先は後編で。

植物図鑑 キリシマツツジ(霧島ツツジ)

当ブログに度々登場する長岡天満宮。この天神さんで一番有名なのがキリシマツツジ。例年ゴールデンウィーク前後に満開になるんやけど、今年はちと早い。

すでに満開真っ赤っ赤。

すごいボリューム

どうだす?結構なもんでしょ?ゴールデンウイークまでは持たないと思うんで、見たい方はお早めに。

植物図鑑 カタクリ

松山秀樹がマスターズに優勝したのを見届けた。解説の中島常幸が泣いていたのが印象的やった。9時半にポンポン山山頂着を目指して、原チャで出撃。

山頂に登った後で100mほど引き返したところにある獣除けのゲートを潜る。

群生地入り口ゲート
カタクリのお出迎え
反り返りMAX

カタクリは日が昇ってしばらくしてから花を開くんやて。これだけ群生してると迫力もんでんな。

オマケⅠ
オマケⅡ

食物図鑑 タラの芽

 この季節になると出てくるのが山菜。「ウド」「コシアブラ」「タラの芽」など、独特の風味で楽しませてくれる。

タラの芽

棘がキツイ木で下手に触ると血まみれ。山の麓あたりでも結構見かける。ただ所有者がいらっしゃる場合が多いので、むやみに採るのは控えたい。

茎にも棘があるので注意

これは、亀岡の日曜朝市でゲットしたもの。野生を摘んだのものなので、スーパーなどで売っている栽培されたものと違い大小さまざま。

タラの芽の天ぷら

あんまり綺麗やないけど素人料理なんで勘弁。けど美味しいんやで。サクサクでタラの芽のほろ苦さがバツグン。あ~~、春やね~。

尾高山(おだかやま)山歩

先週に続き「御池岳」を目指して5時に出撃。7時半に着いたんやけど鞍掛トンネル両側にある駐車スペースはすでに満杯。路駐禁止と書いてあるのにバンバン路駐されている。

そこまでして、御池岳にはこだわらないんで三重側に降りて、のんびり山歩できる山を探す。めっけたのがここ。

尾高高原

釈迦ケ岳(シャカガタケ)の東にある533mの低山。一応鈴鹿山脈の一山。

尾高観音参道
尾高観音

尾高観音に参拝してから、「行者コース」を登っていく。ん?「行者コース」?

山の中腹にいらっしゃる行者様
御在所岳同様、風化した花崗岩の登山道
尾高山山頂 533m

1時間程で山頂到着。伊勢湾が一望。

下りは「展望コース」。

釈迦ケ岳(シャカガタケ)

約2時間ののんびり山歩。こういうのもええな。

動物図鑑 イタチ

朝山歩で西山の林道を歩いていると、白っぽいモフモフが目に付いた。

イタチ
トリミングでアップ
驚いて固まってる
アップ
立ち上がって威嚇「グ~~!」
アップ

出会いがしらは固まってたけど、カメラを向けると立ち上がって威嚇してきた。こちらが動じないとわかると倒木の影に隠れちゃった。

可愛い顔してるけど、肉食のプレデター。雑食性で、鶏を襲ったり畑を荒らしたりで、害獣扱いされてる。もともとはネズミを捕るんで益獣やったのにね。人の都合で評価も変わる。どう見ても一番の害獣は人間なんやけど。

植物図鑑 カタクリ

  先日、まだまだ蕾だったカタクリ。そろそろいかがかなと朝山歩でポンポン山へ。

まだ開いて無い
中には気が早い方も
でもまだ下向き

また今週末来てみましょ。