銀閣寺(慈照寺〔じしょうじ〕)散歩

今シーズン最初の寒波到来。京都市街も雪景色みたいやしどっかに写真を撮りに行こか。金閣は改修中やし、銀閣に決定。道中、雪が降ったと思えば、青空になったりと天気が目まぐるしく変化する。

近くのコインパーキングに車を停めてイザ!

総門
銀閣(観音殿) ええ感じの積もり具合や。
錦鏡池(きんきょうち)越しの本殿・東求堂
展望所から全景

雪景色なかなか良いでんな。今度降ったら何処行こ?

カラフルなのオマケ

西山うぉっちんぐ 紅葉すぺしゃる

「紅葉観にいこか」とコロナ禍であまり外に出ないカミさんを誘い、吉峰寺にお出かけ。

立派な山門
観音堂

西国三十三観音第二十番札所 観音堂

階段の上に経棠(左)と多宝堂 その前を日本一の松が横切っている
肝心の紅葉は先週が見頃だったそう

とはいえ、日の当たるところはまだまだ緑のままの木も残ってるし。それなりに楽しめる紅葉狩りやった。

京都市街もバッチリ
この写真は昨年の11月28日に撮影したもの。
これも去年の

いや~~!見頃の見切りは難しい。

オマケも去年の 何やねん

昆虫図鑑

ヒメツバメアオシャクを探せ!下の写真に蛾が1匹。何処にいるでしょう?

ヒメツバメアオシャク 蛾の仲間 羽の左右が3cmほど

動かなければ絶対見つからないという自信?があるのか微動だにしない。おかげで写真は撮り放題。

下から覗き込んでも動かない

バイバイと手を振ってもそのまんま。ほな、さいなら。

昆虫図鑑

山歩で見つけたこんなの。

ホタルガ

赤い頭が面白い。ところで蝶と蛾の違いは?活動時間・触角の太さなど見分ける基準はあるけど、全てに例外があるので素人には判らんそうな。国によっては分けてないところもあるらしい。ちなみに日本に蝶は240種ほどやけど、蛾は5500種ほどいるんやて。

昆虫図鑑

林道を山歩しているとヒラヒラ飛んできた蝶が葉っぱに止まって一休み。

コミスジ

近寄っても周りをうろうろしても平気でパタパタ。

チョット上が切れちゃった

撮り終わっても止まったまま。みんなこんなだったら撮りやすいのにね。バイバイ。

昆虫図鑑

山歩していると、プ~~ンと飛んできて葉っぱの上に止まった虫。

綺麗な虫

動かんといてやと声をかけ急いで撮影。

お名前はハンミョウだそうな。オサムシ科

かの手塚治虫先生のペンネームのいわれとなった虫のお仲間。

アップの写真をさらにトリミングで拡大
バックショット

さらに寄ろうとしたところで、プ~~ンと行ってしまった。さいなら。

昆虫図鑑

この画像を載せるかどうか、暫し迷っていた。ちょっと刺激が強いので気の弱い方はスルーしてください。

小塩山を下っているとただならぬシルエットが目に映った。

ん?何?カマキリと・・・?
何や?わし、メシ喰うとんや。
何処から撮ろうが目線は外さない。

微動だにしないが、目線だけは外さない。恐!昆虫相手やけど結構緊張してしもたワ。

昆虫図鑑

アカタテハ

天王山の頂上で休憩しているところへ遊びに来てくれた。

どや!

昆虫図鑑

アオスジアゲハ見っけ

近づいてパチリ。

さらにトリミング

珍しくおとなしく撮らせてくれた。サンキュ!

昆虫図鑑

音羽山山頂で出迎えてくれたのはこの彼女。

シオカラトンボ♀

ちょっと待たんかい!シオカラトンボは青やろが!!とお思いのあなた。実はメスは黄色でムギワラトンボとも呼ばれるそうな。

こちらが♂
ハイッ!ポーズ ムギちゃん綺麗やで~~。