西山うぉっちんぐ

筆者在住の向日市は、京都・大阪間の京都寄りのベッドタウン。その向日市で初詣と言えば此処。

向日神社

厳密に言うと西山から外れた勝山という丘の上に建立されている。まっ、西山エリアということで。

何を隠そう、筆者の通った小学校はこの参道の左にあって、この参道は通学路&遊び場でもあった。春には桜が参道を埋め尽くし、お祭りには屋台がズラリと、思い出がいっぱい。

本殿
この紋どころが目にはいらぬか~~!

境内にはこの方もいらっしゃる。

役行者像 

さらにこんなものまである。

判りにくいけど、、これ古墳なんす
元稲荷古墳の案内板

前方後方墳分なんだそうな。勝山の最高点は古墳のてっぺん?

市民の憩いの場?勝山に来てみて頂戴。

西山うぉっちんぐ

このコーナーでは度々登場する「光明寺」。お正月には毎年、立派な門松が建つので初詣がてら撮影に行ってきた。

こちらのハボタンは丸系?
こちらはチジミ系
本殿
さて、お詣りして、裏山を山歩しまひょ。

西山うぉっちんぐ

光明寺の裏山は、お気に入りの朝の山歩コース。雨も上がったみたいやし行ってみよう。

光明寺

紅葉時期には度々登場していただいた。門を入って右の通路から墓地に出る。墓地の横をぬけ、竹林のお散歩コースを登っていく。

こんな道を登っていく

今日はメインのコースをそれて鉄塔の展望台に行ってみましょ。

こんな橋を渡って
京都市街方向

鉄塔の展望台からの京都市街は空模様が今一。

愛宕山方面。晴れてるんやけどネ~。
ボチボチ帰りましょ。
本堂に手を合わせて

お邪魔しました。

オマケ 竹林ええ感じでしょ
何だこりゃ

西山うぉっちんぐ 紅葉すぺしゃる

12月6日までの特別拝観が終わった光明寺に行ってみた。さてどれくらい残ってるんやろ。

表参道 もう終わったかな?
本堂の横 真っ赤なのが残っている
裏参道 おお!思っていた以上に真っ赤っか
黄色いのもええな

思ってたよりも楽しめた。さて明日はどこ行ってみよう?

西山うぉっちんぐ 紅葉すぺしゃる

二週間前にご機嫌伺いしたこちらのお寺。

金蔵寺(こんぞうじ)

前回はちょっと早かったような、さて今回は?

ちょっと散りかけてるけど
おっ!ええ感じやん
本堂
開山堂 木によって色合いが違うやん
山門の裏側

ベストかどうかは判らんけど、結構満足。今年は目一杯紅葉を楽しんだでー。

西山うぉっちんぐ 紅葉すぺしゃる

紅葉の見ごろ終盤。あそこも行きたい、此処も見たいと焦るがすべては見られへんし。ま、ボチボチ行きましょ。

仁王門 迫力の仁王様がいらっしゃっるがそれはレプリカ。本物は瑠璃光殿(宝物館)にいらっしゃる(撮影不可)

仁王門から長~~い参道を登ると。

小塩山大原院勝持寺(花の寺)南門

春は桜の名所で花見客でごった返す。

此処まで撮ったところでカメラのバッテリー切れ。不覚、無念でござる。以下は昨年11月23日に撮影した写真。

去年はドンピシャ真っ赤っ赤。

ゴージャス

西山うぉっちんぐ 紅葉すぺしゃる

「紅葉観にいこか」とコロナ禍であまり外に出ないカミさんを誘い、吉峰寺にお出かけ。

立派な山門
観音堂

西国三十三観音第二十番札所 観音堂

階段の上に経棠(左)と多宝堂 その前を日本一の松が横切っている
肝心の紅葉は先週が見頃だったそう

とはいえ、日の当たるところはまだまだ緑のままの木も残ってるし。それなりに楽しめる紅葉狩りやった。

京都市街もバッチリ
この写真は昨年の11月28日に撮影したもの。
これも去年の

いや~~!見頃の見切りは難しい。

オマケも去年の 何やねん

西山うぉっちんぐ

西山の最北にあるのが大枝の里。京都市街と亀岡を結ぶ老ノ坂の南側。大枝といえば柿。この時期、柿農家の表に柿が並ぶ。

こんな感じ

で、「おおえ」で思い出すのが、福知山の鬼の里「大江」。関係ないやんとお思いかもしれないが、実は大有り。老ノ坂トンネルの手前を左折して暫く行くとこんな所が。

首塚大明神
小さな祠 でも此処はとんでもないパワースポット
由緒書 赤字がなんともおどろおどろしい

要は、大江山の酒呑童子が退治されて首を京に運ばれる途中、この峠で急に重くなって運搬不可にり、此処に埋めて供養した。っちゅうことらしい。首から上の病気にご利益があるそうな。あんた行った方がええんちゃう?