西山うぉっちんぐ

長岡京市の西山のふもとにある「西代理山公園(にしんだい さとやまこうえん)」。

隣の市の住人の筆者もありがたく利用させてもらっている。

案内板

ポンポン山や西山古道の登山口のもなってて、駐車場もあってお世話になってます。

立派な管理棟 トイレも綺麗
遊びの広場
ホタル広場・農業体験農園
農場には水車もある 今は菜の花が満開

土日は家族連れで駐車場は満杯。広いので密にもならへんのちゃう?これからもおせわになります。

西山うぉっちんぐ

西山エリア(向日市・長岡京市・大山崎町エリア)は以前、乙訓郡と呼ばれていて、筆者の通った中学校の乙訓中学という校名やった。長岡と向日が市になって、今乙訓郡と呼ばれるのは大山崎町だけになってしもた。

大慈山乙訓寺

乙訓を名乗るお寺が此処、乙訓寺。

修行太師の像

弘法太師(空海)が開いたとされる乙訓地方最古の寺だそうな。昔は広大な敷地のお寺やったんやて。

地蔵堂 壁には大きなワラジがぶら下がっている
絵馬もワラジ 修行中のイメージ?
本堂
由緒書

近年は、ボタン(牡丹)の寺として知られている。

参道の両側は牡丹園 お寺の半分くらいは牡丹園になってる
今はまだこんな感じ 4月中旬から5月初旬が見頃

昨年はコロナ禍で公開中止やった。今年は牡丹の写真が掲載出来たらええんやけど。

西山うぉっちんぐ

筆者在住の向日市は、京都・大阪間の京都寄りのベッドタウン。その向日市で初詣と言えば此処。

向日神社

厳密に言うと西山から外れた勝山という丘の上に建立されている。まっ、西山エリアということで。

何を隠そう、筆者の通った小学校はこの参道の左にあって、この参道は通学路&遊び場でもあった。春には桜が参道を埋め尽くし、お祭りには屋台がズラリと、思い出がいっぱい。

本殿
この紋どころが目にはいらぬか~~!

境内にはこの方もいらっしゃる。

役行者像 

さらにこんなものまである。

判りにくいけど、、これ古墳なんす
元稲荷古墳の案内板

前方後方墳分なんだそうな。勝山の最高点は古墳のてっぺん?

市民の憩いの場?勝山に来てみて頂戴。

西山うぉっちんぐ

このコーナーでは度々登場する「光明寺」。お正月には毎年、立派な門松が建つので初詣がてら撮影に行ってきた。

こちらのハボタンは丸系?
こちらはチジミ系
本殿
さて、お詣りして、裏山を山歩しまひょ。

西山うぉっちんぐ

光明寺の裏山は、お気に入りの朝の山歩コース。雨も上がったみたいやし行ってみよう。

光明寺

紅葉時期には度々登場していただいた。門を入って右の通路から墓地に出る。墓地の横をぬけ、竹林のお散歩コースを登っていく。

こんな道を登っていく

今日はメインのコースをそれて鉄塔の展望台に行ってみましょ。

こんな橋を渡って
京都市街方向

鉄塔の展望台からの京都市街は空模様が今一。

愛宕山方面。晴れてるんやけどネ~。
ボチボチ帰りましょ。
本堂に手を合わせて

お邪魔しました。

オマケ 竹林ええ感じでしょ
何だこりゃ

西山うぉっちんぐ 紅葉すぺしゃる

12月6日までの特別拝観が終わった光明寺に行ってみた。さてどれくらい残ってるんやろ。

表参道 もう終わったかな?
本堂の横 真っ赤なのが残っている
裏参道 おお!思っていた以上に真っ赤っか
黄色いのもええな

思ってたよりも楽しめた。さて明日はどこ行ってみよう?

西山うぉっちんぐ 紅葉すぺしゃる

二週間前にご機嫌伺いしたこちらのお寺。

金蔵寺(こんぞうじ)

前回はちょっと早かったような、さて今回は?

ちょっと散りかけてるけど
おっ!ええ感じやん
本堂
開山堂 木によって色合いが違うやん
山門の裏側

ベストかどうかは判らんけど、結構満足。今年は目一杯紅葉を楽しんだでー。