此処どーこだ? その五

チャリを漕ぐこと30分。何やら麹の香りのするこの界隈。

こーんな建物や

こんなのも。

カッパッパールンパッパー
運河もある
桜の季節はこんな感じ

このカップル誰?

日本の夜明けぜよ
旅籠

ちょっと難しかったかな?         答えは次回。前回は金閣寺でした。

ズルズル備忘録 1杯目

麺類が好きです。

ラーメン・蕎麦・うどん・ソーメン・スパゲティー等々何でも大好き。

何故好きなのかとつらつら考えるに、どうもズルズル啜るのが快感なのではないかと思い至った今日この頃。

記念すべき1杯目は山歩帰りに寄ったこの店。

開店祝いの欄がズラリ

上賀茂神社近くを走っていて、目に飛び込んできたラーメンという看板に思わす駐車場にIN。

何とか駐車スペースに潜り込んだが、表のベンチで待つこと暫し、入店。

カウンターに1人空けて座るよう案内される。(時節柄ネ)

お品書き

ラーメン並をチョイス。

ラーメン並

京都ではオーソドックスな「ますたに」系の豚骨醤油ラーメン。

まずはスープを一口。旨い。麺もスルスル。具材も最高。

バランスの良い満足の1杯。

次回は味噌ラーメンをズルズルしてみたい。

お勧めです。

オマケ画像

白尾山山歩

京都府内限定の山歩も一月を超えたけど未踏の山はまだまだ一杯あります。

今回選んだのは頭巾山(とうきんさん)。何でズキンとちゃうんやろ?

山名には結構不思議な読みが多い。

藁葺屋根の里で有名な美山を通り越して、福居に車を停めて林道を歩き出す。

ところがを1時間ほど歩いたところで林道が消失。

GPSで確認しても頂上まであと少しというところなのに。踏み跡が見つからない。

仕方なく下山しました。

まだ時間があるので、八ケ峰に転進することに。

八ケ峰に向かって車を走らせていると「白尾山登山口」と書かれた道標を発見。

ガイドブックで見かけたことのない山名なので、一期一会と思い行先変更。(イキアタリバッタリともいう)

登山口の道標

沢沿いの道を上り、九十九折の坂道を登っていく。


道標はしっかりしている

登ること1時間半。頂上手前で視界が開けた。

まさかの伐採跡
頂上 748.5m

まあそれなりに眺望は良い。

美山方面

まあ、無事山頂を踏めました。めでたしめでたし。

此処どーこだ? その四

まだ朝のうちは涼しくサイクリングには最適の季節。

でも、京都のメジャーな観光スポットはガラガラ。

ここはどうかなと出撃してみた。

チャリを漕ぐこと1時間。着いたのはこんなところ。

参道

9時の開門まで暫し休憩。開門を待つお客さんは2人だけでした。

まだ閉まるっている中門
門が開くとこんな建物が

拝観料を払って入館。

中にはこんな池や

こんな建物があります。

でも、何といってもこちらメインです。

鳳凰?

ジャーン! キンキラキン
もう一丁

さて、何処でしょう?          答えは次回。前回は伏見稲荷でした。

迷水探訪 その2

水汲みを始めた頃、お世話になった水場が水無瀬神宮の「離宮の水」。

昭和の名水100選に選ばれた正真正銘の名水です。

水無瀬神宮参道

サントリー山崎工場がご近所。

ポンプでの汲み上げ
どや!

毎日行列が絶えない人気の水場です。

汲むのに時間が掛かりすぎるためこのところご無沙汰。

正月にはこんなお楽しみも。

菊水
もう一丁

生水ですのでお腹に自信のない方は沸かしてから飲んでいただくことをお勧めします。(自己責任よろしく!)

此処どーこだ?その参

好評(?)の「此処どーこだ?」第3弾。

今回はサイクリングと山歩のハイブリッド。

まずはチャリで30分チョイで迎えてくれたのはこの方。

フライングフォクス?

参道を見上げると。

閑散

如何に朝8時とはいえガラガラ。ありえへん。

一応世界的人気スポットだっせ。

コロナ渦退散の茅の輪くぐり

茅の輪を潜って本殿に参拝です。

いつもは混み混みのこんな所もガラガラ。

ガラガラ

何処かで見たような。

咥えてるものが違うけど

30分ほどで頂上に到着。

頂上です

下山に歩き30分、チャリを30分漕いで無事帰宅。

よい運動でした。

さて此処は何処だったでしょう?    答えは次回。前回は宇治でした。

本日のオマケ画像

烏ケ岳・鬼ケ城山歩

新型コロナの緊急事態宣言は一応解除されましたが、都道府県をまたいでの移動自粛はまだ続行です。

ちゅうことで今週も京都府内の鬼のお住まいをお山歩。

酒呑童子の手下の茨城童子が住んでいたと伝わる鬼ケ城山と烏ケ岳に向けて車を走らせました。

8時前に登山口の観音寺に到着。

観音寺山門

花が咲き乱れる良い感じのお寺です。

マーガレットがキュート
ゴージャスなボタン

そろそろ山歩にかかりましょうか。

出発

30分ほどで分岐。

どっち?

先に烏ケ岳に向かう。

烏ケ岳の頂上はアンテナだらけ。

祠の横はデカアンテナ
眺めは上々

鬼ケ城山に向かう。20分で到着。

鬼ケ城山頂

こちらも大パノラマ。

先週登った大江山

下山すると、再びお花がお出迎え。

いい季節です

鬼さんのお住まいはお花いっぱいの楽園だったとさ。チャンチャン。

此処どーこだ?その弐

今日はチャリで1時間チョイ。

着いたのはこんなとこ。

また橋すか?

その傍らにこんなのが。

誰やこのネーちゃん

ちょっと離れてこんなのも。

昔ローラースケートで踊ってた?

さらにこんな所も。

開館前に覗いてみた

ある意味日本人が一番馴染みのあるお寺。

ほんでもって、街中には至る所に「茶」の看板が。

ラーメンまで抹茶

これ何?

海苔?
やっぱお茶

さて此処は何処でしょう?

少し難しかったかな?      答えは次回。前回は嵐山でした。

オマケ画像

迷水探訪 その1

京都盆地は地下水の上に浮かんでおり、名水の宝庫と言われています。

伏見や山崎は清酒・ウイスキー・ビールを醸す名水が湧き出しています。

豆腐や湯葉などもおいしい水が不可欠です。

引っ越してきて以来、我が家の煮炊きやコーヒーを入れる水は湧き水を汲んできて使っています。

毎週1・2回汲みに行ってるのは此処。

阪急電鉄京都線「西山天王山」駅近くの水場。

案内板

サントリーのビール工場が近くにあり、天王山を挟んで山崎のウイスキー工場があるというロケーション。

不味い訳が無い!!

ご利用のさいは生水ですのでお腹に自信のない方は沸かしてから飲んでいただくことをお勧めします。(自己責任よろしく!)

此処どーこだ?

言うの忘れてたけど目出度く定年を迎えました。

いまは、嘱託扱いで仕事は午後だけ。

午前中は山歩やサイクリングをして過ごしております。

で、今日はサイクリング。

こちらが愛車

自宅から30分チョイで着いたのは此処。

わたつきはし?

かなりメジャーな観光地です。

でもコロナのせいでカランカラン。

昨年、芋の子洗いの竹林もこんなもんです。

竹林

朝8時とは言えメインストリートも閑散としております。


土産物屋街

さて此処は何処でしょう?