上方麺遊記 八十九杯目

大淀で新店を発見。

ラーメン ならの
お品書き

人気印の醤油ラーメンをオーダー

醤油ラーメン 750円

あんまり期待してへんかったんやけど、ビジュアルにビックリ。焦がし油?ナルトの代わりに生麩?ってどうよ?

スープは濃いめの豚骨醤油で焦がし油が香ばしい。細めの麺がちょっとモッチャリやけどまあ及第点。

大台ケ原・大峰の帰りに寄る店が一つ増えやした。

上方麺遊記 八十八杯目

京都で中華そば語るのに銀閣寺近くのこの店は外せない。

中華そば ますたに
お品書きはこんだけ
ラーメン並 700円

豚骨醤油に背油チャッチャ。京都拉麺の王道なんやけど、どこが違うんかハッキリ判らんけど、ヤッパシ一味違いまんな。全然くどさが無い。これで700円は安すぎ。名店だす。

上方麺遊記 八十七杯目

ここんとこチョクチョク顔を出してるこの店。

熟成醤油らーめん 十二分屋 城陽店

この日はチョット暑かったので

つけめんメニュー
豚骨魚介つけめん 950円

太麺はツルツル。つけ汁は濃すぎず薄すぎずの丁度ええ塩梅。汁には棒状のチャーシューがゴロゴロ。

この店はハズレ無し。次は何食べてみちゃろか?

上方麺遊記 八十五杯目

伊賀上野の人気町中華

ラーメンぎょうざ 家族的美食屋 あじへい
メニューは目移りするほど
らーめん部分のアップ
あじへいラーメン 790円

なるほど、野菜いっぱいで家族的。「彩香ラーメン」をアッサリ優しくした感じ。パンチには欠けるけど、これはこれで美味しい。ご飯ものも魅力的。

上方麺遊記 八十四杯目

平等院の帰り、あの店に行きたくて城陽に向かう。

熟成醤油らーめん十二分屋城陽店
らーめんのメニュー
つけめんなんかのメニューが追加されてた

タブレットでのオーダーがチョットめんどくさいけど

辛えびつけめん 950円

写真ではチョット黄色く見えるけど、きれいなオレンジ色のつけ汁がえびの香りで最高。太麺もツルツルシコシコ。チャーシューも美味そうっしょ。スープ割がこれまた美味くて、すべて飲み干しごちそうさん。今までのところどれを食べても外れ無し。まだまだ食べてないメニューがあるんでまた来ましょ。

上方麺遊記 八十三杯目

当ブログには久々登場のこのお店。

暁製麺

ブログでは久しぶりやけど、その間もチョクチョク通っとります。

今回は、冬季限定のこのラーメン
五徳味噌らあ麺 880円

一見、味噌ラーメンには見えへんけど、啜ってみればまごうことなき立派な味噌味。マイルドな味噌にツルツルの麺。さすが暁製麺とうならせる一杯やった。

上方麺遊記 八十二杯目

買い物に出かけた枚方でランチ。

鴨らーめん 麺麓(めんろく)

3度目の来店。

お品書き
鴨出汁そば 840円

黒っぽいけど、とってもまろやか。ええ出汁出てます。細麺はスルスル入っていく。鴨チャーシューも2種あってゲイコマ。和そばの鴨南蛮に近いかな。アッサリラーメン気分の時にはええんちゃうやろか。

上方麺遊記 八十一杯目

五個荘で以前から気になっていたお店に寄ってみた。

博多ラーメン たい風 五個荘店
メニューの表紙は風の神さん
メニュー

で、オーダーしたのは

たい風ラーメン 750円

博多ラーメンと謳っているだけあって、豚骨白濁スープ。でも意外とあっさりしてて食べやすい。本場九州でもこのタイプが意外と多い。麺もツルツル良く滑る。

湖東で3店舗展開してるチェーン店。関西では一時の博多ラーメンブームが下火になって、なかなか美味しい店が少なくなってるんで、貴重な一店。

上方麺遊記 八十杯目

京都のラーメンを語るうえで外せない店。

ますたに 京都拉麺小路店

本店は銀閣寺の近くで60年前も営業している。京都の豚骨醤油背脂チャッチャ系の総本山。

オーダーは券売機
中華そば 並 750円

さすがの美味しさ、スープ・麺・具どれをとってもレベルが高くてバランスも最高。貫禄の一杯。ご馳走さまでした。

上方麺遊記 七十九杯目

草津で前から気になってたラーメン屋さんに寄ってみた。

麦笑(ばくしょう)らあめん 草津店

この店はオーダーの仕方が変わってる。

ラーメンを選ぶ 当たり前
次に麺を選ぶ 7種類もある
とこ豚骨 極太ドラゴン麺 ニンニク少なめ 930円

スープはアッサリ目の京都風醤油豚骨。味はアッサリ目やけど背脂タップリ、ニンニク・ペッパーも効いててパンチがある。チャーシューも2種類。ほんでもって極太ドラゴン麺が「麦の塊」みたいな存在感タップリ。他の麺も試したいなんて、まんまと店の術中にはまった感じ。

この店、近畿・中部のチェーン店、豚人(ブタンチュ)の1店。他に「神豚」と書いて「ゴットン」ちゅう店もあるそうな。